スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

これからの予定




■ 4/30 (月)  「 かきのき!春の小商い場ザール。 」

会場: 欅がるてん 【 島根県鹿足郡吉賀町柿木村下須1303 】
時間: 10:00-15:00



■ 5/5 (日) 「 ゆらゆらマルシェ 〜自然治癒力を高める養生市場〜

土用が明け、翌日の立夏の5月5日。
自然治癒力を高めることをテーマにした「ゆらゆらマルシェ」開催。

自然治癒力、自然療法、オーガニック、サスティナブルを
テーマにした市場であったり身体を整える体験の場、学びの場です。

会場: 糧 -72recipes project- 【 島根県 鹿足郡津和野町邑輝829-1 】
時間: 10:00 - 17:00




スポンサーサイト

2018.04.28 | | おしらせ

「 はるかのひまわり 」



明日の種の交換会では、北海道で配布させていただいていた、阪神大震災由来の
ひまわりの種「 はるかのひまわり 」 を持参します。

この度の交換会にあたり、はるかのひまわり絆プロジェクトさんより、ひまわりの
種とメッセージを寄せていただきました。
「 ぜひ、はるかのひまわりを通じて、周りの皆さんと仲良くなられ、楽しみながら
お育てください。また、命の尊さを今一度振り返る機会にしていただくとともに
紡がれてきた種に思いを馳せ、人との繋がりや関わりの大切さを 再確認して
いただきたいと思います。 」
 

【 * はるかのひまわり* 】

平成7年1月17日の明け方、5時46分、大きな地震が襲いました。 
木造の建物は、その揺れでひとたまりもなく崩れてしまい、2階部分が崩れ落ち、
1階は完全に押しつぶされていました。
はるかちゃんがガレキの下から発見されたのは、地震発生から7時間後でした。

震災から半年後、かつてはるかちゃんの家があった空き地、はるかちゃんの遺体を
発見した場所。驚いたことに、そこに無数のひまわりの花が、力強く、太陽に向かって
咲いていました。
お母さんはひまわりを見て、「 娘がひまわりとなって帰ってきた 」 と涙しました。
近所の人たちは、この花をこう呼びました。

『 はるかのひまわり 』

何も無くなってしまった町の空に、次々に咲いた大輪の花はたくさんの人を励まし
勇気付けました。

https://haruka-project.jimdo.com/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/



201703haruka.jpg





2018.03.03 | | おしらせ

これからの予定



■ 3/4(日) 「 タネの図種館‐shimayama 春夏まきの種の交換会 」 


《場所》 厨ファミリア  島根県 鹿足郡津和野町鷲原819 

《持ち物》
・ご自慢の種と種の説明書き
・種を持ち帰るための紙、小袋、封筒
・筆記用具
・種保管のための瓶を提供していただける方、大歓 迎です。
・種継ぎした野菜を提供していただける方、大歓迎です!
※タネはなくても大丈夫です

《タイムスケジュール》
14:00 種の交換会・蚤の市
15:00 タネにまつわるお話 
16:00 終了
17:00 交流会

《参加費》  
一般    500円
出展者  1,000円(参加費込・種持参者は500円)
交流会  1,000円(飲み物別途 飲み物等は持ち込み自由です)

《問合わせ》
タネの図種館‐shimayama-
担当:山口 080-5425-5475 okurimeku@gmail.com
《協賛》俵種苗店





2018.02.28 | | おしらせ

2017.11.16



過去のこの日。
10年前のこの日。
仙台で7坪の小さなお店をopenした日。

自分の人生の中で、お店をつくったり、北海道や島根に住むことは想像も
つかなかったけれど、wasanbonをつくりあげた10年前の自分に感謝。

10年前からのブログを遡ると、
数々の思い出や涙がこみ上げてきて、
wasanbonを始めたことで出会えた方々、美味しさや手仕事、旅や経験が、
わたしを培い、育んでくれたと。
あらためて、時間を共にしてくださった方々への感謝に染み入ります。

10年前。
" おばあちゃんになるまで、続くことは何だろう?” と考えた時に、
わたしにとっての答えは 「食べること」 と 「暮らすこと」 で。
10年経った今も、それは変わりなく。
「wasanbon」は、わたしにとって、” おばあちゃんになるまで続くライフワーク " 。
おむすび・喫茶・雑貨屋でのopen時からは、カタチも拠点も移り変わりますが、
愉快に学びを重ねて行こうと思います。

溢れる感謝を込めまして。



2017.11.17 | | おしらせ

20171020



その土地のはちみつを摂取すると、身体がその土地の環境に馴染みやすくなる、
という話を聞いたことがある。

地域で採取された、和はちみつ。
やさしい甘み。


20171020.jpg





2017.10.20 | | おしらせ

«  | HOME |  »

プロフィール

wasanbon

Author:wasanbon
「wasanbon」

仙台のアトリエ→北海道へ。
畑と暮らし。

足ることを知る。
在るものを生かす。
つながりを巡らす。

日常と非日常に備えた
暮らしの在り方を
探索してます。

■ twitter
http://twitter.com/#!/wasanbon1116

■ facebookページ
https://www.facebook.com/wasanb0n

月別アーカイブ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。