マルモさんからの、おしらせ。



ふわりと漂う、焼きあがるパンの匂い。
ふくふくと酵母の育み。

山形蔵王で石窯焼きピザと自家製酵母パンを手がけているマルモさんが、
ふくわ市へご出展。

ラインナップは、
・ ベーグル
・ フォカッチャ
・ カンパーニュ
それから、「あったらラッキー!」 メニュー等も*

どんなパンに出会えるか。
たのしみにおでかけください!

20141123marumo.jpg


2014.11.22 | | 風土市

出張フダマキトさんに、きいてみる。



小さな手。
のびやかな心。

大人びていく顔つき。
触れる、広がっていく世界。
想いを馳せる。
こどもたちは、未来そのもの。


ロケットストーブ玉こん屋さんとして、これまでにも wasanbonのイベントにおでかけ
してくれた、出張フダマキトくん。(9歳)

店主・フダマキトくんにお伺いしてみました。




20140302kodomo3.jpg


Q:  出張フダマキト くんのこと、おしえていただけますか?

 - レゴが好き。

Q:  当日はどのようなものをご出品のご予定ですか?

 - 前と同じだね(玉コン)

Q:  宝物は何ですか?

 - 友達とか家族

Q:  どんな大人になりたい?

 - 人を助ける大人になりたい





2014.11.22 | | 風土市

空cafeさんに、きいてみる。



ひと皿に込められた、おいしさ。
ひと瓶に詰められた、旬。

おいしさと想いの集約。
未来が育まれる空間。

空cafeさんに、おいしさの素をお伺いしてみました。




20141123fukuwasora.jpg


Q: 空cafeさんは、日々どのようなもの(こと)を手がけられていますか?

 - こころとカラダが元気になるようなものを作っています

Q: その手仕事をはじめられたのは、どのようなきっかけや想いからですか?

 - 自家農園の果物や野菜が美味しくて幸せを感じます。たくさんあるときはピクルスや
  ジャム、ジュースを作っていたのでその延長です。

Q: 当日はどのようなものをご出品のご予定ですか?

 - 自家製のもの。ピクルス、ジャム、ジンジャーシロップなど。

Q: 「おいしい」って、どんなものでしょう?

 - ほんものということ。

Q: 最近、触れた、おいしいものや情景があれば、教えてもらえますか?

 - 土鍋で調理すること。

Q: これから手がけていきたいことは、どのようなことですか

 - もっとたくさんビン詰食品をつくりたい。
  お惣菜やスィーツなどもビン詰してみたいです。






2014.11.22 | | 風土市

風土市・第三十五座 終。



風土市、第三十五座。
秋晴れ。
空は、青々しく。

この度の風土市の出展者さんは、愛らしい看板息子くん・娘ちゃんとごいっしょに。

20141026kinosita.jpg

ご出産の為、おやすみしていた 上杉農園 樹の下さんが、お久しぶりに風土市へ。
小さな次男くんと、ごいっしょに。
旬のりんごや、やさしい甘みのおやつ。野菜たっぷりのキッシュなどがお目見え*

20141026hg

HELLO HELLO & gramrriyさん。
可愛らしさと色あい溢れる、布小物。
そして、おかあさんが手がけた作品を纏う可愛らしいお子さんたちがお店番!


おとうさんと繋ぐ、小さな指先。
おかあさんの腕の中、安らかな寝息。
こどもたちの笑み溢れる風土市。
満面の笑みに触れて、やわらかな想い。
こどもたちは、未来そのもの。

おでかけくださった皆さま、ご出展・ご参加の皆さま、本当にありがとう
ございました!

20141026food.jpg



2014.11.15 | | 風土市

上杉農園 樹の下さんに、きいてみる。



家族。友人。地域。
近しい方の手がける味わいを種に
枝葉を伸ばすような 膨らみをますような。
おいしさを産み出す、たなごころ。


ご出産を経て。
上杉農園 樹の下 さんが、お久しぶりに 風土市へ。
おいしさの素を、お伺いしました。





20141026uesugi.jpg


Q: 当日はどのようなものをご出品のご予定ですか?

 - りんご、りんごジャム、りんごのスコーン、野菜のキッシュなどです。

Q: 素材を選ぶ目線、そこにある想いを教えてもらえますか?

 - 元気いっぱい!という顔をしている素材を選ぶようにしています。
  食べ物から元気をもらうのが一番だと思うからです。

Q: 最近、触れた、おいしいものや情景があれば、教えてもらえますか?

 - 秋映りんごのすりおろしをひと匙食べた息子の酸っぱい!という顔。
  初めて食べる甘いだけではないりんごの衝撃はいかほどだったか、その顔で伝わりました。

Q: 食べ手さんに伝えたいことは、どんなことでしょう?

 - 今しかないりんごの美味しさを感じてもらえたらと思います。

Q: これから手がけていきたいことは、どのようなことですか?

 - 子育て第一なのでゆっくり進めていますが、いずれまたお店も週2回オープンできたら
  いいなと考えています。


2014.10.19 | | 風土市

«  | HOME |  »

プロフィール

wasanbon

Author:wasanbon
「wasanbon」

仙台のアトリエ→北海道へ。
畑と暮らし。

足ることを知る。
在るものを生かす。
つながりを巡らす。

日常と非日常に備えた
暮らしの在り方を
探索してます。

■ twitter
http://twitter.com/#!/wasanbon1116

■ facebookページ
https://www.facebook.com/wasanb0n

月別アーカイブ

ブログ内検索