mmワークスさん。


mmワークス(ミリワークス)さんの新作が入荷しました。

日々、wasanbonに在るコースターやひざ掛け。そして、世界に1枚の素敵なエプロンは
mmワークスさんのプロダクト。

今回は、チョークバックの入荷です。

mmwarks.jpg

素材はフェルトで、茶・グレー・ブルーの3点。各¥3.000。

mmワークスさんのアイテム。
雑貨のスペースでコースターも扱っています。

mmwarks2.jpg


グレー×アイボリー×オフホワイトで、現在は4パターンの色合わせがあります。
各¥400。


只今、mmワークスさんと春色のアイテムの打ち合わせを進行中。
春風と共に届きそうです。お楽しみに★

2008.01.30 | | おしらせ

2月の予定

 
 ■ 2/2(土) 豆ごはん計画

20080124panda.jpg


 「パンダ豆」

可愛らしい響きの名前 (*´ェ`*)
白と黒の2トーンのその姿は、別名「シャチ豆」。
中国では「陰陽」とも呼ばれるそう。

節分に向けて、豆ごはん準備室を開設。
2/3(日)はwasanbonはお休みなので、2/2(土)に豆ごはんが登場の予定です。


準備室より。
ごはんの試作で楽しむの巻。
白×黒パンダ豆は、炊くと白×茶のパンダになります。 ・・・熊?

20080124panda2.jpg

 ○ 黒米入りパンダ豆ごはんのパンダちゃん ○


- - 8< - - - - - 8< - - - - - 8< - - - - - 8< - - - - - 
 

 ■ 2/9(土)→2/10(日) 「小さな街の練習。」  

20080126chiisanamachidm.jpg


  - 小さな街とは? -

「小さな街」それは、お店を始めたい人の為のお店。
1つのお店でありながら様々な内容のお店に変わる様子は、まるで「小さな街」 に居る様な
感覚になります。

-------------------------------------------------------------------

「僕」が、以前から構想を練っていた「小さな街」というお店の内容を 盛り込んだ企画展、
その名も「小さな街の練習。」を アート スペース宙さんというギャラリーで2日間限定で
行います。


 ○ 日にち 2/9.10
  
  open 11:00 closed 20:00 (日曜日 closed 17:00)

 ○ アートスペース宙 

  仙台市青葉区国分町3丁目4-20清和ビルB1F


 その内容は、↓

  ・ 料理好きなれーこさんをシェフとして向かえた「喫茶 小さな街」
  ・ クマコさんが企画する、3つの素敵なワークショップ
  ・ 「仙台にある素敵なお店」をPick Upするセレクトショップ
  ・ 壁面には僕が大好きなアーティストの絵画展
  
   * 喫茶での営業はありません。

-------------------------------------------------------------------

イベントの詳細はブログで続々とアップされています。
こちらからどうぞ。

  * 小さな街のブログ *

 http://chiisanamachi.13.dtiblog.com/


- - 8< - - - - - 8< - - - - - 8< - - - - - 8< - - - - - 


 ■ 2/14(木) Valentine's Day
 
 ・・も、ありますし★

秋冬限定のフェアトレードチョコが入荷しました。
有機カカオで作られた、やわらかな甘さのチョコレートです。


20080124choco.jpg


 ○ ミルク
 ○ オレンジ
 ○ ヘーゼルナッツ
 ○ ホワイトクリスピー
 ○ レーズン&カシューナッツ

  各 ¥250    

20080124choco2.jpg


 ○ ラム  ¥510


- - 8< - - - - - 8< - - - - - 8< - - - - - 8< - - - - -

2月に入ると、立春。
寒さは続きますが、暦の上では春の訪れ。

春の日差しに連なって。
wasanbonでの企みごとの空想が楽しいです。
新芽のようにむくむくと。


2008.01.27 | | おしらせ

続・日本酒紀行

日本酒が美味しい。

 ・・と、世界が広がった、ちょうどそんな頃。

「南町通りオープンギャラリー CROSS LOAD」 さんで、おさけのうつわ展が行われて
いたので、おじゃましてきました。

漆・硝子・陶器。。 9名の作家さんの作品が、ギャラリー内に並びます。


20080123syuki.jpg


20080123syuki2.jpg


会期中、お好みの作家さんの器を選んで、一の蔵さんの日本酒を味わえる企画がありました。
お酒を口に含んだ時の器の口当たりや質感、手触りが実際に味わえるのです。
粋な企画!


おさけのうつわ展の展示は終了してしまったのですが、CROSS LOADさんでは今後も素敵な
催しが続々と。

そして、2月15日(金)から始まる展示がこちら。

 「楽しいお茶の時間のために....」

お茶の時間を彩る、陶器・磁器・ガラス・金属の作品が並び、easeさんが植物をしつらえます。



20080125dm.jpg




 ■ 南町通りオープンギャラリーCROSS ROAD

  〒980-0811
   仙台市青葉区一番町1丁目4-26 S・A RUMINA ビル1F

     Tel・Fax 022-265-1487 



2008.01.24 | | 小さな旅

日本酒紀行

よく呑むのは、シャンディガフです。

 が。

お米にたずさわる日々を過ごしているので、お米から作られる日本酒や焼酎などをもっと
知りたいと想う頃、
特定名称酒を、ひとつひとつ丹念に作られている、作り手さん、
そして、そのようなお酒をたくさんの人に口にして頂きたいと願う、伝え手さんの方々に出逢い、お酒造りを間近で拝見する機会に恵まれました。

今回、お伺いした大崎市・古川の寒梅酒造さん。
大正時代に創業された寒梅酒造さんでは、お酒に使われるお米の栽培から始まり、1年を
通じて丁寧にお酒造りをされています。

20080113nihonsyu2.jpg


 ■ 当日、大崎市は大雪。 雪原の下は、お酒のお米が作られる田んぼ。

20080113nihonsyu4.jpg


まだ薄暗さが残る中、寒梅酒造さんに到着。
池田酒店の池田さんから、酒造の案内と酒造りのレクチャーをして頂きます。 

酒造りの流れを簡単にご説明。

 ● 玄米を精米→洗米したお米に必要な水分を吸わせ、こしきでお米を蒸す。
 
 →冷ましたお米に麹(こうじ)の種を撒き、麹をつくる→麹に、酵母・蒸米・水・乳酸を加え、
 
 酛(もと)をつくる→酛に、さらに麹・蒸米・水を3段階に分けて加え、攪拌。発酵をさせて
 
 もろみをつくる→もろみを搾り、酒(原酒)と酒粕に分ける。

 この原酒へ濾過・火入れ・貯蔵などの段階を踏んで、生酒や一般の清酒、生貯蔵酒が
 できあがります。

20080113nihonsyu.jpg



正直に申し上げますと。。
今まで、日本酒を敬遠していました。
匂いに味。アルコール度数の高さ。二日酔い具合。 挙げるならば、そんな理由。

けれど、
酒造内で出逢った日本酒は、果実のような香りと水のように滑らかなお酒。

 「日本酒って、こんなに美味しいのっ!?」

同行のメンバーと大歓声。
隣でにこやかな、酒造の方々。


今回の勉強会で知ったことですが、日本酒は「特定名称酒」と「普通酒」に分けられます。
「特定名称酒」とは、吟醸酒・純米酒・本醸造酒。お米と麹(と醸造アルコール)が原料。
特定名称酒へ分類されるには、精米歩合など一定の基準があり、それに満たないものを
「普通酒」としています。現在、流通している大半は普通酒。
けれど普通酒の中には、お酒の量を増やすために工業的に糖類や酸味料を添加したものが
多く見られ、そうしてつくられたお酒によって、「悪酔いする」「甘ったるい」など日本酒のイメージを損ねてしまう要因にもなっているようです。
(→まんまとそんなイメージで日本酒に接していた自分(ノд-。) 



日本酒の呑み比べと食べ合わせの勉強をかねた昼食の後、たくさんの酒粕を譲っていただき、帰路へ。
(どんと祭時、寒梅酒造さんの酒粕で作った甘酒は,1番の人気でした!)


後日。
改めて、池田酒店さんに伺い、寒梅酒造さんのお酒を買い求めました。
ちょいっと口に含むと、
彼の地で触れた、蔵の中の凛とした空気とどこまでも続く雪景色。ストーブを囲んで沸く笑い声。
それぞれに浮かび上がって、あったかくなれる。
なんて贅沢な晩酌。





 ■ 寒梅酒造さん

  宮城県大崎市古川柏崎字境田15番地
  http://homepage3.nifty.com/miyakanbai/

 ■ 池田酒店さん

  仙台市青葉区上杉3-8-38


改めて、寒梅酒造さん、池田さん、ありがとうございました。 
  


2008.01.22 | | 小さな旅

1/13 (日)

早朝,出発=3
大崎市の,寒梅酒造さんに伺わせて頂きました。

北へ車で走ること1時間。。

20080113oosaki.jpg

目的地は,雪景色。

20080113miyakanbaisan.jpg


20080113miyakanbaisan2.jpg



申し訳ありませんが,寒梅酒造さんレポは,改めてゆっくりと綴らせて頂きます。
そして,寒梅酒造さんより,非常にフルーティーで香り高い酒粕を譲って頂きました。
こちらもどんと祭時に,甘酒として,登場します。


20080114sakekasu.jpg


寒梅酒造のみなさん,池田酒店の池田さん,本当にありがとうございました。

 ■ 寒梅酒造さんのHPは,こちらからどうぞ。

http://homepage3.nifty.com/miyakanbai/

2008.01.13 | | 小さな旅

おむすびの日。

         


     20080112omusubi.gif


1月17日は「おむすびの日」。



1月17日。
1995年,阪神大震災が起こった日。
震災によって帰る場所を無くした方々を励ましたのが,ボランティアのみなさんが炊き出しで
作られた,あたたかなおむすび。
その善意への感謝,そしていつまでも食料の重要性を忘れないよう,阪神大震災が発生した
この日をおむすびの日とされました。

17日,wasanbonでは,おむすび2個+お漬物入りのパックセットを作ります。
もちろん,ひとりで2つ食して頂けますが,「ジョリーとぼくとで,はんぶんこ」なイメージで。
家族や友達,恋人。
そばにいる大切な人と分け合って,楽しいごはんの時間を描いて頂いたなら,とても嬉しく
想います。
 

話は変わって。
「おむすび」と「おにぎり」の違いについて。
関東は「おむすび」で,関西は「おにぎり」だとか,形や大きさの違いなど,さまざまな説が
あります。

wasanbonでは,「おむすび」です
なぜ?と聞かれたら,こう答えてます。



ご縁は,握るって言わないでしょう?



2008.01.12 | | おしらせ

Bar甘酒 準備室。



シャア専用。


20080111.jpg



 ・・ではありませんが。

赤い甘酒を試作中。
ほんのりとした赤色と甘み。紅白の甘酒を作ろうと想っています。

Bar甘酒の予定ラインアップ。

1種は,こちらの紅甘酒。
県内産の黒米を混ぜたお米と麹でつくりました。
紅い色みは,黒米によるもの。
黒米はもち米の1種で,ビタミンやミネラルが多く含まれます。

それから,年越wasanbonの際に,ご好評いただいた,米+麹の自家製甘酒。
今回,はちみつ米で作ります。

もう1種,予定しているのは,酒粕から作る甘酒。
前日(13日)に,大崎市の酒蔵さんへ,見学へ行かせていただくことになりました。
美味しい酒粕を手に入れることができた際には,こちらもご紹介したいと想います。
どうぞお楽しみに♪

 




2008.01.11 | | つくる。

1月14日 どんと祭


1月14日(月),下記の通り営業致します。

 ■ 11:00~16:00  おむすび・喫茶・雑貨
 
 ■ 18:00~      甘酒

 
11:00~16:00の部は,通常営業通り,おむすび・喫茶・雑貨がお楽しみいただけます。

18:00~の部は,題して・・ 「Bar 甘酒」(笑
店頭にて,数種類の甘酒をラインアップ。
こちらは,完売次第,閉店となります。


14日は小正月。
神社等で,御神火を焚き,その火にあたることで,無病息災や1年の幸福を祈ります。
東照宮神社では,15時より火入れが始まるそうです。
ぜひおでかけ下さいね。

2008.01.09 | | おしらせ

はちみつ米と荒塩


wasasnbon内にて,はちみつ米と荒塩の販売を始めました。
いずれも,wasanbonのおむすびで使わせていただいているものです。

 ■ はちみつ米  

   5kg ¥2.400

献上米の地・登米市産の,はちみつ米。
はちみつには殺菌効果があり,稲穂へはちみつを散布することで病気を予防し,
減農薬で作られたお米です。


20080104hatimitumai.jpg



 ■ 荒塩 

   50g ¥180

石巻湾の海水のみで作られた荒塩。
昔ながらの釜炊き製法です。
ほのかな甘味があり,料理の味を引き立ててくれます。

20080104salt.jpg



2008.01.05 | | おしらせ

おまけ。 * 福だるまちゃんギャラリー *

20080103daruma2.jpg

  「男爵。」


20080103daruma3.jpg

  「昨日,親不知を抜いたんです。」


20080103daruma4.jpg

  「困り気味。」


20080103daruma.gif

  「鼻歌まじり。」

2008.01.02 | | 日々色

あけましておめでとうございます。


年越しwasanbon,楽しいカウントダウンで2008年を迎えました。
いらしていただいた皆様,本当にありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


20080101daruma.jpg


新年,wasanbonへお越しのおきゃくさまに,おふくわけを。
笑ったり,困ったりしているだるまちゃん。
おなかに,「福」をたずさえています。
口にふくむと,懐かしい甘さ。
無くなり次第,終了となりますので,ご了承下さい。

おなかとココロに,小さなしあわせ。


2008.01.01 | | おしらせ

«  | HOME |  »

プロフィール

wasanbon

Author:wasanbon
「wasanbon」

仙台のアトリエ→北海道へ。
畑と暮らし。

足ることを知る。
在るものを生かす。
つながりを巡らす。

日常と非日常に備えた
暮らしの在り方を
探索してます。

■ twitter
http://twitter.com/#!/wasanbon1116

■ facebookページ
https://www.facebook.com/wasanb0n

月別アーカイブ

ブログ内検索