スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

『乙女の金沢』展 in仙台


ある日、wasanbonに

darumachann.jpg

  だるまちゃんが届く。


いつもはポストへ直行する郵便屋さんが、なぜかこのだるまちゃんのカードだけは、
店内まで渡しにきてくれた。きっと郵便屋さんも心躍ったにちがいない。にやり。

「ひょうたん町」という素敵な名前の地から届けられた、かわいいだるまちゃん。
その地の空気を、現在、仙台三越6Fで味わえます。仙台では6月2日(月)までの開催。

「乙女の金沢」展。
詳細、こちらからどうぞ。
http://www.kirikougei.com/news/news_top.htm


20080530kanazawa2.jpg

20080530kanazawa3.jpg

20080530kanazawa4.jpg




会場では、岩本さんと、大きなだるまちゃんに逢えます★

20080530kanazawa.jpg




スポンサーサイト

2008.05.31 | | 小さな旅

衣替え。


その日を境に、目に映る世界が変わる。
わくわくとどきどきが入り混じって。
想いかえす、懐かしい光景ときもち。

6月1日。衣替え。
起源は平安時代に宮中の行事として始まったもので、
当時は旧暦の4月1日と10月1日に行われていました。
江戸時代には年4回の衣替えが行われ、現在のように6月1日と10月1日になったのは、
明治以降のこと。

望めば、
暑いさなかに冷風を吹かせることもできて、
雪が散らつく日にトマトをかじることもできる。
季節感の曖昧さを覚える今日の中でおこる、ちいさな節目。

「衣替え」という言葉は、外装や内装などを一新することの比喩としても使われます。

纏う世界とココロ。
機に想う、日々の衣替え。




↑ 27日の講義時に配布された、仙台不動産カレッジさんの vol.3の冊子に書かせて
いただいたコラムです。



2008.05.28 | | 日々色

皐月市。


「ばらの花」 (byくるり) を、聴いていた。
鼻歌まじりに仕込みをしていたのは、新生姜入りのジンジャーエール。

皐月市。
歌の一節のように、その日は雨降りの朝で。


20080525satukiichi4.jpg

20080525satukiichi3.jpg

20080525satukiichi.jpg


詩人・武田こうじさん、アクセサリー作家・うさぎうまさん、布小物作家・HELLO HELLOさんに
彩りを添えていただいた、第2回・蚤の市こと、皐月市。
参加メンバーの方々、お越しのみなさま、本当にありがとうございました。

昼に向かうころから晴れ間が見られ、
東照宮・骨董市帰りの方のお買い物の中身に、皆で感嘆の声を上げたり、
Radiceさんのブログの合言葉(→「エアプランツはありますか?」)を携えた方と笑いあったり、
ポエトリーリーディングでは、武田さんがつくる空間と言葉の世界を楽しんだり。
和やかなひととき。

皐月市フード。
自家製ジンジャーエール&ジンジャーティーの他、今回は峠の茶屋風・串だまっこ。

20080525satukiichi2.jpg


鳴響・3種に加え、告知していた限定だまっこ。
鳴子で映る景色をイメージした、「やまなみ」(左から2番目)・「つつじ」(中央)と名付けた
2種を展開しました。


皐月市後。
小春市・アフター小春市・皐月市・次回、7月開催の蚤の市への参戦メンバーをお迎えしての、
合同打ち上げ。

打ち上げの中、不意に ・・・

20080525satukiichi5.jpg


 ↑ wasanbonの、次回の企みに巻き込まれる方々の図 。
  
非常に楽しかったです。 ご協力ありがとう★
こちらの詳細は、企みごとの公開とともに、またいずれ。 

次回の蚤の市は、向日葵の咲くころ。
7月27日(日)の開催です。
おたのしみに。



2008.05.28 | | 日々色

皐月市・先行情報局。

鳴響の熱も冷めやらぬ中、あさっての25日(日)はwasanbonでの皐月市。
詩人の武田こうじさん、アクセサリー作家のうさぎうまさん、布小物作家のHELLO HELLOさんを
お迎えし、店内で蚤の市を行います。
当日は、10~15時のopen。
12時~/14時~は、武田こうじさんのポエトリーリーディングも。

非日常では、日常とは違った色みを。
そんなわけで、イベント時には限定フードが登場します。
(おむすびを目当てに来られた方、ごめんなさいっ!)
蚤の市では、がんづきのフレーバー遊びの展開をして行こうかと想っていたところ、
( → 3月の小春市では、黒ごま/メープル×くるみの、がんづきが登場。)

「 鳴響、行きたかったんです 。。(T_T) 」
「 だまっこ、気になってたんですが。。 」

と。
切なく、そしてありがたいお声をいただきまして。

アウェー鳴子にお目見えした、だまっこ。
皐月市にて再び。

鳴響では、「ずんだ・青ばたきなこ・黒胡麻」の3種をご用意しましたが、
今回、ホーム東照宮の試合とあっては。 フレーバーの追加を作成中=3
鳴子の山並み、群れ咲くツツジの一色を映したような、ホーム限定・だまっこ。
どうぞお楽しみに。

第4日曜日。
東照宮神社の境内では、早朝から骨董市が行われます。
そして同日。上杉の「お花や Radice」さん「絵と雑貨や giraffe house」にて、1day cafeが
行われるそうです。
当日は、cafeメニューにスープが登場。
DJブースを設け、お花+スープ+音楽を楽しめる空間に。

できたてホヤホヤの、Radice&giraffe houseさんのHPより、詳細をどうぞ★
http://www7b.biglobe.ne.jp/cabot/index.html


この度、Radice&giraffe houseさんとwasanbonの連動企画を設けました。

Radice&giraffe houseさんでのお買い上げ時に、
「wasanbonのブログ見ました~☆」とお声掛けいただいた方には、素敵な特典が!

また、wasanbonにてフードをご注文のお客様へ。
Radiceさんのブログに、ある「合言葉」がアップされます。
こちらの合言葉を、注文時におっしゃっていただいた方へ、嬉しいおまけをつけちゃいます。

Radiceさんのブログ、こちらから。
http://ameblo.jp/radice


ブログをぽちぽち書いてるうちに、Radiceさんの方でも合言葉がアップされてました。

合言葉、笑ったよ。
そうきたか、Radiceさん(笑



2008.05.23 | | つくる。

鳴子。view。

20080518narukyou3.jpg


20080518narukyou2.jpg


20080518narukyou4.jpg


20080518narukyou5.jpg


20080518narukyou7.jpg


20080518narukyou8.jpg


20080518narukyou10.jpg


20080518narukyou15.jpg


20080518narukyou16.jpg


20080518narukyou12.jpg


20080518narukyou14.jpg


20080518narukyou13.jpg


20080518narukyou17.jpg


20080518narukyou20.jpg


20080518narukyou18.jpg





2008.05.22 | | 小さな旅

「小さな温泉の街。」

山なみに囲まれた駅から緩やかに伸びる、ツツジの花が群れる坂道を下ると。
絨毯のように広がる原っぱ。

緑の中に、小さな蚤の市はありました。


20080518narukyou.jpg


5月17.18日・鳴子。「小さな温泉の街」にて。
遠いところ、鳴子へと足を運んで頂いた皆様、本当にありがとうございます。
沢山の方々がお越し頂いて、とても嬉しい想いです。
予定よりもオープンの時間が押してしまい、ご迷惑をおかけしてしまって、大変申し訳
ございませんでした。


ハイライトが多すぎて、「むむむ。」と悩む、鳴響報告。

蚤の市とか
風土部とか
音楽とか
鳴子とか
温泉とか
ピクニックとか
ツチノコとか。


鳴子から戻ってから気づいた、おなか周りに感じる鈍痛。。
原因は笑いすぎによるものと判明。
蚤の市の素敵な参加者の方々のおかげで、笑い声に満ちた2日間。

彼の地で過ごした記憶は、何処を切り取っても、溢れてくるのはあたたかくてゆったりと
したきもち。
まるで源泉のように。





2008.05.19 | | 小さな旅

ずんだだまっこ・準備室。

20080514zunda.jpg


豆を打ち潰す意味の「豆打(ずだ)」が訛って、「ずんだ」になったそう。



風土部・だまっこ班、wasanbonです=3

この地ならではのものを。
そんな想いで、県内産のお米に、郷土料理・「ずんだ」を纏いました。

枝豆の食感と風味を生かしたかったので、豆の粗さを残し、甘さを控えめにした仕上げに。
この季節の新緑を映したような、色鮮やかさ。


試作時に。
大量の枝豆を前にしての困りごとは、豆の薄皮剥きよりもビールの誘惑。




2008.05.15 | | つくる。

風土部。preview


次の週末は「鳴響」。
そして「小さな温泉の街。」の蚤の市が開催されます。


「小さな温泉の街。」フードブース担当。 名付けて、「風土部」。
出張台湾喫茶猫空さん、
米粉のお菓子をつくる、かなちゃん、
今回、だまっこを持ち寄るwasanbonとで、打ち合わせ。


打ち合わせの様子は・・

 | | _・)チラッ

20080510huudobu.jpg


previewの続きは、週末に鳴子にて!


今回の鳴響では、wasanbonは 「だまっこ」 を作ります。
だまっこは、ごはんをつぶして丸めた、秋田の郷土料理。
丸い形がお手玉のように見えることから、その名がついたとか。
ずんだ餡、etc を纏った、だまっこ。
いざ、鳴子でお目見え=3



申し訳ありませんが、鳴響準備の為、16日(金)は14時閉店とさせて頂きます。
また、17日(土)は鳴響出店により、お休み致します。
17.18日の両日、鳴子遠征してます。
ぜひ鳴子へどうぞ♪

2008.05.11 | | つくる。

小さな画伯

20080507kanban5.jpg



G.W明け、7日からの営業時間の変更にあたって、看板を作ったり直したり。

外壁にててんと打ち付けた看板。
連休中の帰省の際、海で拾ってきた流木に、うちの甥っ子くんが描いてくれたもの。


20080507kanban.jpg

20080507kanban2.jpg

20080507kanban3.jpg

20080507kanban4.jpg


実は、1月17日「おむすびの日」のイラストも、小さな画伯の作品。
海苔を巻く位置は、いつも注目の的(笑

↓ wasanbonのopenの頃に描いてくれたもの。

20080507omusubi.jpg







2008.05.08 | | 日々色

皐月。


「さ」の月、皐月。
稲作・農耕を意味する古語 「さ」 。
そして、「皐」という字は、「神にささげる稲」・「白い光が広がる大きな地」という意を含みます。
晴れやかな陽が注ぎ、農作にとって大切な季節。

今年の八十八夜は、5月1日。
立春から数えて、八十八日目に当たる日。
田畑での種まきの目安であり、一番茶を摘む時期です。
八十八夜に摘まれたお茶は縁起が良く、上質であると言われます。




今月のwasanbonの予定、更新しました。

3→6日まで、お休みをいただきまして、連休明けの7日からは、
平日の営業は 7:30 - 16:00 open となります。
土曜の営業 12:00 - 18:00 open / 日・祝の休業は従来通りです。
よろしくお願い致します。
 




 ■ 17日(土)→18日(日)  「小さな温泉の街。」


 20080502narukyou.jpg


音楽レーベル・涼音堂茶舗さんが主催する、鳴子温泉音響フェスティバル 「鳴響」 。
「鳴子」と「電子音」と「温泉」が融合する、スローで小さな音楽のフェスティバル。


こちらの催しの彩りとして、「小さな街」が湯治の郷東鳴子にて「蚤の市」を開催。
その名も、「小さな温泉の街。」
wasanbonも参加させていただきます。

5月17日(土)-18日(日)11:00open
JR陸羽東線「鳴子御殿湯駅」駅前広場。

蚤の市に参加される、お店と作家さんです。

・ビヨルク / ・おりづめ / ・stock gallery & atelier / ・八木山陶芸倶楽部 /
・出張台湾喫茶猫空 /・stained glass Ginga / ・小さな街 / ・ニド商店(東京) /
・鳴子の物産品


当日は、環境を配慮し簡易包装のみとさせて頂きます。ご了承下さい。
是非、お持ちのエコバックをご持参いただきますようお願い致します。




  ■ 25日(日) 皐月市 
 

  20080501satukiichi.jpg

  
   小さな蚤の市。 wasanbon店内にて。 

    10:00~15:00 open 

  ○ 出店者

  ・ 武田こうじ さん  (詩人)
  ・ うさぎうま さん   (アクセサリー作家)
  ・ HELLO HELLO さん (布小物作家)
  ・ wasanbon

   12:00~ / 14:00~
   武田こうじ さんのポエトリーリーディング。 




  ■ 27日(火) 仙台不動産カレッジ・開講


   「真面目に学んで、楽しくつながる」 をモットーに、毎月テーマに沿った講義を開催される
  仙台不動産カレッジさん。
  今回のテーマは、「金融機関から見た、不動産鑑定評価及び融資スタディー」
  不動産に興味のある方でしたら、どなたでも参加可能ですが、事前にお申し込み下さい。
  詳細は、下記のURLよりご参照下さい。
  wasanbonは、セミナー後の喫茶スペースに携わらせて頂きます。
  
    http://plaza.rakuten.co.jp/myhome248/diary/200804280000/




  

2008.05.02 | | おしらせ

«  | HOME |  »

プロフィール

wasanbon

Author:wasanbon
「wasanbon」

仙台のアトリエ→北海道へ。
畑と暮らし。

足ることを知る。
在るものを生かす。
つながりを巡らす。

日常と非日常に備えた
暮らしの在り方を
探索してます。

■ twitter
http://twitter.com/#!/wasanbon1116

■ facebookページ
https://www.facebook.com/wasanb0n

月別アーカイブ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。