「 風土市・第九座 」・終。


寒気が寄せる週末。
日曜日の風土市、雨脚が注ぐ中、お越しいただいた皆さま、
ご出展の ふつきぱん さん、house publishing さん、
本当にありがとうございました。

この度の2組のご出展者さん。

20110821food2.jpg

peace&bread の、ふつきぱん さん。
レーズンからおこした自家製酵母を用い、1つ1つ手のひらで形どられたパンたちは、
ふっくらとやわらかい表情。


20110821food8.jpg

気仙沼からご参加いただいた、house publishing さんは、市内の避難所へも
届けられた、棚やスツールなどのダンボール家具や、お手持ちの古本の販売、
絵本をお届けくださった方には、気仙沼の天旗模様入りの、うちわのプレゼントも。


いつも風土市に、おいしさと心地よいくらしをお持ちくださる方々。

20110821food7.jpg

上杉農園 樹の下 さんでハウス栽培されたプチトマトをセミドライにしたものは、
スープやパスタのアクセントにもぴったり。
旬のおいしさが並びます。

20110821food6.jpg

環境とからだにやさしい豆を、丁寧に焙煎される 芦田珈琲 さんのコーヒー豆たち。
あたりには、香ばしい匂いが漂います。

20110821food.jpg

ゆっくりと醗酵の時間をかけて、生地を育む、本沢3丁目さんのパン。
噛むほどに、味わい深さが広がります。

20110821food5.jpg

新鮮な平飼いたまごをお持ちくださる、岩出山のこんの農園さんより、自然農法で
育てられた、濃い味わいのトマトもお目見え。

20110821food10.jpg

週末、秋田へのイベントでおでかけなさっていた、和のお菓子工房 豆一。さんは、
おいそがしい中、べっこう飴を届けてくださいました。

20110821food9.jpg

アトリエ先には、ネイチャーズロックさんの手がける苔玉たちがお迎え。
苔玉に添えられた植物たちは、のびやかに葉を広げます。


20110821food3.jpg

20110821food4.jpg

気仙沼・地元酒造のお酒や調味料がお目見え。
来月の風土市にご出展される、七ヶ宿の白炭 さんの炭パウダーを用いた、
がんづきも並べました。


雨音を聴く、ゆるやかな時間、
脚を運んでくださった方々や、出展者さんとの語らいの中、
さまざまに浮かぶ話や、膨らむ構想も。
ふくふくと生まれる、あたたかな時間を、ありがとうございました。

そして、この度の風土市での売上の一部・寄せられた義援金 計¥5.741 を
ネットワーク農縁 さんに託しますことを、ご報告致します。
皆さまの、お力添え、本当にありがとうございます。

ネットワーク農縁 さんとは、28日(日)に、気仙沼・紫会館への炊き出しの再訪を致します。



来月9月25日は、第十座となる、風土市のお知らせです。
皆さまのお越しを、お待ちしております。




■ 9/25 (日)  「 風土市・第十座 」

  風土のfood。 「おいしい」の、育み手・つくり手・伝い手さんを、お迎えします。

  11:00 - 16:00 wasanbon 店内にて。(青葉区東照宮1-7-16)


 : 出展者 さん :

  ◇七ヶ宿の白炭 さん ( 白炭製造販売 )
  ◇蔵王ウッディファームさん ( 手づくりくだもの工房 )

・ 上杉農園 樹の下さんの農園からの食べもの。
・ 本沢3丁目パン工房 さんの滋味深いパン、
・ 和のお菓子工房 豆一。 さんの笑み浮かぶ和菓子。
・ 無農薬・無化学肥料/カフェインレスのコーヒー豆を焙煎した、芦田珈琲さんの珈琲豆。
・ 気仙沼・本吉より、海藻類と、地元酒造 「角星」 さんのお酒。
・ 岩出山・こんの農園さんの、放し飼いのにわとりのたまご。
・ 国産・無農薬の「天の烏龍茶」・「天の紅茶」。
・ ネイチャーズロックさんの苔玉、食べものをモチーフにしたポストカード、
  洗剤不要のアクリルたわしなどもお目見えします。

:: 義援金の募金箱を設置いたします。ご協力いただいた募金と風土市の売上金の一部を、
  ネットワーク農縁さんへ託し、被災地の方々・被災農地の生産者の方々への支援へと
  お役に立てていただきます。
:: マイバックのご持参をお願いします。
:: 駐車場はございません。危険ですので路上駐車はご遠慮いただき、お近くのコインパー
  キングをご利用下さいませ。





2011.08.28 | | 風土市

葉月 


 ■ 8/21 (日)  「 風土市・第九座 」

  風土のfood。 「おいしい」の、育み手・つくり手・伝い手さんを、お迎えします。

  11:00 - 16:00 wasanbon 店内にて。(青葉区東照宮1-7-16)


 : 出展者 さん :

  ◇ ふつきぱん さん ( 自家製天然酵母の手作りパン )
  ◇ house publishing さん ( ダンボール家具・古本販売・絵本の交換 )

 ※ house publishing さんは現在、気仙沼市内の工場を拠点に、主にダンボールを
   使って、避難所・仮設住宅に設置するための間仕切りや家具を製作しています。
   その他、絵本を集めて、こどものいるところへ配布もされています。
   風土市では、ダンボール家具組み立てキット・古本の販売、絵本の交換などを行う
   予定です。ご家庭の中で絵本などございましたら、ぜひお持ち下さい。
   本をお持ちいただいた方には、うちわのプレゼント! 

・ 上杉農園 樹の下さんの農園からの食べもの。
・ 本沢3丁目パン工房 さんの滋味深いパン、
・ 和のお菓子工房 豆一。 さんの笑み浮かぶ和菓子。
・ 無農薬・無化学肥料/カフェインレスのコーヒー豆を焙煎した、芦田珈琲さんの珈琲豆。
・ 気仙沼・本吉より、海藻類と、地元酒造 「角星」 さんのお酒。
・ 蔵王ウッディファームさんの、果樹園が手がけるドライフルーツ。
・ 七ヶ宿の白炭 さんの手がけた、炭パウダー。
・ 岩出山・こんの農園さんの、放し飼いのにわとりのたまご。
・ 国産・無農薬の「天の烏龍茶」・「天の紅茶」。
・ ネイチャーズロックさんの苔玉、食べものをモチーフにしたポストカード、
  洗剤不要のアクリルたわしなどもお目見えします。

大友みゆきさんの、季節野菜を用いた野菜じゃむの予約販売分の受け渡し。
大友みゆきさんの野菜じゃむは、受注分の販売となります。店頭販売はございません。
■ 「南瓜と黒豆きなこレモンじゃむ」  50g 440円
豆乳、牛乳を入れてスープに。玄米、パンに。焼き野菜、魚のソースにどうぞ。
無添加ですので3日以内にお召し上がりください。
じゃむは受注生産になりますので、氏名、携帯アドレス、個数を添えてご注文下さい。
ご注文の最終受け付けは前日の朝8am、以降のキャンセルは大変恐縮でございますが
全額頂戴致します。
お申込み先 大友 tsukiniwa@gmail.com @は半角にしてご入力下さい


:: 義援金の募金箱を設置いたします。ご協力いただいた募金と風土市の売上金の一部を、
  ネットワーク農縁さんへ託し、被災地の方々・被災農地の生産者の方々への支援へと
  お役に立てていただきます。
:: マイバックのご持参をお願いします。
:: 駐車場はございません。危険ですので路上駐車はご遠慮いただき、お近くのコインパー
  キングをご利用下さいませ。



大きな地図で見る






■ 9/25 (日) 「 風土市・第十座 」

  風土のfood。 「おいしい」の、育み手・つくり手・伝い手さんを、お迎えします。

  11:00 - 16:00 wasanbon 店内にて。(青葉区東照宮1-7-16)






2011.08.25 | | おしらせ

自家製天然酵母ふつきぱん さんに、きいてみる。その2


dsc05052.jpg


育まれた酵母が、パンとして焼きあがる。
目をかけて
手をかけて。

掌から生まれるあたたかさ。
頬もきもちもほころぶ味わい。


 ■ 風土市・第三座  「 自家製天然酵母ふつきぱん さんに、きいてみる。 」




Q: 震災後、「つくる」「食べる」ことに意識の変化はありましたか?

  - より美味しく。いつも通り楽しく。


Q: 最近、触れたおいしいものや情景があれば、教えてもらえますか?

  - 35℃で食べるかき氷。ミルク無し。




2011.08.20 | | 風土市

上杉農園 樹の下 さんからの、おたより。


農園から生まれる、おいしい食べもの。
育み、つくり、伝う、 上杉農園 樹の下 さん。

夏野菜がおいしい、旬のおたよりをお届けします。





ハウス栽培のミニトマトでセミドライトマトを作っています。
夏の美味しさをぎゅっと。
バジルペーストと合わせても美味しいです。


uesuginouei8gatu.jpg




2011.08.19 | | 風土市

house publishing さんに、きいてみる。


潮風の匂いや、
交差点の角にある、昔ながらの洋菓子屋さん、
地域や坂道、山の名前、
同じ空気と景色の符号を共有している。

風土。
暮らし。

震災後、気仙沼で活動を続けられる house publishing さんを、お迎えします。



housepubllishing.jpg


■ house publishingの活動内容

気仙沼市の避難所・仮設住宅の住環境づくりに協力すべく設立された団体です。
気仙沼市内の工場を拠点に、主にダンボールを使って、避難所・仮設住宅に設置
するための間仕切りや家具を製作しています。
その他、絵本を集めてこどものいるところに配布したりもしています。
今年6月、仙台のサンモール一番町で開催された"Book!Book!Sendai"の一箱
古本市をきっかけにwasanbonさんと知り合い、同郷のよしみで今回初参加する運び
となりました。
よろしくおねがいします。

■ 出展内容

・ ダンボール家具組み立てキット(本棚とスツール) 特別価格にて販売 
・ 古本販売&絵本交換
・ フリーペーパーhouse publishing vol.1 ~ 3配布
・ マトリョーシカ(予定)
その他、ディスプレイ什器も製作します。


■ 連絡用ブログ:
 
 http://d.hatena.ne.jp/housepublishing/




Q: house publishing さんは、日々どのようなもの(こと)を手がけられていますか?

 - 震災以降、実家のある気仙沼市を活動拠点として、ダンボール製の間仕切りや家具を
  製作しています。
  また、本も好きなので、絵本を集めてこどもたちのもとに配布する活動もしています。


Q: 3/11 の震災時は、どのような過ごし方をされていましたか?

 - イスラエルのキブツボランティアに行くための健康診断書の訂正(お医者さんが
  日付を書き間違えていたのです)のために仙台に行っていました。
  大谷海岸の朝焼けがとてもきれいだったので写真を撮りました。
  地震が発生したときには、仙台から帰宅して自宅2階にいましたが、土壁と柱の
  隙間から青空が見えた(ような気がします)。
  以降、庭でキャンプ生活のようなことを一週間ほどしてました。グーグルアースに
  テントが写りました。


Q: 現在の活動を始められたきっかけは、どのような想いやきっかけからですか?

 - やむにやまれず、といった感じです。車の運転ができないのに、ダンボール家具の
   デリバリーをしたり、こどもが苦手なのに、絵本を集めたり……


Q: 活動の中で、印象に残るエピソードなどありましたら、教えていただけますか?

 - ある日、活動をしている工場の郵便受けから小学生が中をのぞいていて、話をして
  みたら、めちゃくちゃダンボールに詳しかったこと。K.Fくんとの出会いです。


Q: これから手がけていきたいことは、どんなことですか?

 - ダンボールのみならず、さまざまな異種業界とコラボしていきたいです。
   最近、「業務用」のものを見るとムラムラします。






7月に、おじゃました、house publishing さんの工場の様子。


housepubllishing3.jpg

housepubllishing4.jpg

housepubllishing5.jpg




当日、被災地のこどもたちへ届ける本を募集しています。
お持ちいただいた方には、気仙沼の天旗模様が入ったうちわをプレゼント!
ご支援・ご協力をお待ちしています。

housepubllishing2.jpg


2011.08.18 | | 風土市

こんの農園 さんからの、おたより。


konnonouen3.jpg


毎月、風土市に、おいしいたまごを届けて下さる、こんの農園さん。
手づくりの餌を食べ、運動場で自由に遊ぶにわとりたちが産むたまご。
ずっしりとした重みがあり、卵黄はぷっくりと。
おすすめは、たまごかけごはん!とのことです。

こんの農園さんより、おたよりが届きました。




konnonouen2.jpg


こんの農園の卵は、完全自家配合飼料を使用した自然農法EM有精卵です。
ニワトリ飼育数は現在約150羽。
一日平均80個を産卵します。
ニワトリは年数別に仕切られて飼育されていて、その中に雄鶏が仕切りごとに
1羽ずつ放たれています。
水は朝昼晩の日に3度、エサは朝晩の2度与えられています。


konnonouen4.jpg
konnonouen.jpg


2011.08.18 | | 風土市

紫会館・8月。


急な傾斜の階段に、息を切らす。
暑くても、両手に大きな荷物を抱えていても、
登りきったら、「おかえり」 と、迎えてくれる場所がある。

通称、レストラン紫会館。

20110810murasaki5.jpg


 「 紫会館、再訪 。 」
 「 続 ・ The prayer is planted. 」



この度の訪問、gratitude さんが、「小さな店主が集まるチャリティーイベント」の
ご参加の際に、紫会館から寄せられた海藻の販売&集められた義援金\ 2.971 をお預りし、
気仙沼の地元スーパーで野菜や果物、水出し麦茶パックや粉末アクエリアス等の購入を。
スーパーや商店で、気仙沼産の葉ものやピーマンが並ぶのを見つける喜ばしさ。
gratitude さん、義援金をお寄せいただいた皆さま、ご支援ありがとうございました。

そして、和のお菓子工房・豆一。さんからお預かりした、「べっこう飴プロジェクト」。
「みんなが笑顔になるように。」と、豆一。さんの想いが込められた、たくさんのべっこう飴を
お届けしてきました。

20110810murasaki2.jpg

星が浮かぶように、小さな金平糖が添えられた、可愛らしいべっこう飴。
裏に貼られたラベルには、応援メッセージが綴られていました。
はにかみ笑顔の、紫会館の代表さん。

20110810murasaki.jpg


前回の訪問の際に見かけたソーラーパネルは、より光を取り込めるように高い位置に
設置され、足元には風土市メンバーの皆で植えた野菜のプランターたちが。
プチトマトやナスは沢山の収穫、素麺の際には毎回摘みたての青紫蘇が添えられると、
うれしいご報告を。
たわわに実る唐辛子や膨らみはじめたゴーヤ、勢いよく伸びるバジルやルッコラ。
プランター番長曰く、成長の秘訣は、「愛」とのこと。
朝夕、たっぷりの水と愛を注がれる野菜たち。

20110810murasaki7.jpg

20110810murasaki3.jpg

20110810murasaki4.jpg


近頃は、植えた向日葵が開く日をたのしみにされているようです。

20110810murasaki8.jpg


訪れた日の翌日は、震災から5ヶ月目。
生まれ育った地では、鎮魂祭。

祈りを、動きに。


20110810murasaki6.jpg



2011.08.15 | | おしらせ

大友みゆき さんの野菜じゃむ と 天の在来茶 。


旬野菜やフェアトレードの商品など、素材を大切にし、おいしさを織り成す、
大友みゆき さん。

風土市に 大友みゆき さんがお持ち下さる、熊本県の「 天の製茶園 」 さんの無農薬茶。
在来茶は、今回が初めてのお目見えです。

季節の野菜を用いる受注生産のじゃむは、当日の朝につくられ、ひとつひとつ丁寧に
詰められたもの。
今月の風土市でのお渡しは、「 南瓜と黒豆きなこレモンじゃむ 」 。
ご予約いただいたお客様へのお渡しとなります。
店頭販売はございませんので、ご希望の方は下記のアドレスからご予約下さいませ。




 ■ 「天の在来茶」について

産地・・・熊本県水俣市の上流域、天の製茶園。
先代が種から育て再生させた、深い根が張り、葉の繊維が丈夫な為、病害虫に強く
野性味のある味わいの「在来種」の緑茶を釜炒りで仕上げた、しっかりとした味わいの
お茶です。
個性あるお茶の力をそのまま引き出せるように、安心安全を届けられるように、1991年
よりすべて無農薬に切り替え、肥料も出所の分かる出来るだけ近い場所の有機質の
ものだけを使用。
地元の気候、風土に合わせた栽培をなさっていおられます。




 ■ 「南瓜と黒豆きなこレモンじゃむ」  50g 440円

瑞々しい甘さのかぼちゃに、北海道産黒豆きなこの風味を加え、有機レモンの酸味で
まとめた暑い夏のじゃむです。
豆乳、牛乳を入れてスープに。玄米、パン、焼き野菜、魚のソースにどうぞ。
無添加ですので3日以内にお召し上がりください。

じゃむは受注生産になりますので、氏名、携帯アドレス、個数を添えてご注文下さい。

お申込み先 大友 tsukiniwa@gmail.com @は半角にしてご入力下さい。

ご注文の最終受け付けは前日の朝8am、以降のキャンセルは大変恐縮でございますが
全額頂戴致します。


2011.08.12 | | 風土市

Counting Stars


ひとつの節目に、果実酒を漬ける。


20110811plam.jpg

20110811plam2.jpg


おいしさと日々、よりよい積み重なりを願って。


2011.08.12 | | つくる。

«  | HOME |  »

プロフィール

wasanbon

Author:wasanbon
「wasanbon」

仙台のアトリエ→北海道へ。
畑と暮らし。

足ることを知る。
在るものを生かす。
つながりを巡らす。

日常と非日常に備えた
暮らしの在り方を
探索してます。

■ twitter
http://twitter.com/#!/wasanbon1116

■ facebookページ
https://www.facebook.com/wasanb0n

月別アーカイブ

ブログ内検索