師走


■ 12/4 (日)  「 PIKKU JOULU vol.6 」 に、参加させていただきます。

 ※ PIKKU JOULU vol.6 は、12/3 ~ 4 の、2日間の開催。
   wasanbon は、4日のみに参加いたします。




pikkujoulu.jpg


   PIKKU JOULU vol.6

日時: 2011年12月3日(土曜日)4日(日曜日)

時間: 10:30~17:30(予定)

場所: ■ 秋保ゆめの森 藁の家にて (雑貨・食・カフェ・木工)
     
       ・ネイチャーガイドによる森散策 (4日)   
       ・マッカラとマシュマロのたき火焼き (3日・4日)
    
    ■ ほうねん座 久賀山荘にて (ワークショップ各種・要予約)
       
       定員になり次第締め切りとなります。
       予約方法に関しましてはこのブログで順次告知します。
       
     ・水光菜園をはじめよう 軽食付 定員15名  (4日 10:30~12:30)
     ・マリメッコ ファブリックパネルづくり 定員10名  (3日 10:30~12:00)
     ・白樺オーナメントづくり 初心者コース 定員8名  (3日 12:30~14:00)
     ・スウェーデン織バンドウィーブ 定員6名    (4日 13:00~15:00)
     ・こけし人形劇 親子参加可  (3日 14:30~・4日 15:30~)・当日申込・可
     ・北欧のあかりとLEDの上手な使い方 お茶付 (3日 16:00~17:00)当日申込・可

    ■ 海馬ガラス工房にて (ガラス・木工)
       
       ・蜜蝋キャンドルのワークショップ(3日・4日)
       ・体験ガラス

     今年は暮らしに役立つワークショップが新登場!
       大自然の中で楽しい1日を!!

       (エコバック・マイスリッパ持参をお願いいたします。
            カードはご使用できません。)

主催:

北欧篭・白樺オーナメント・構成:北欧雑貨ビヨルク www.bjorkbjork.com
食・構成:Calling ゆふ
照明・企画:ライテイングデザインスタジオLUME www.studiolume.com

参加:

ガラス:海馬ガラス工房
木工: 木の仕事 樹々, onagawa fish, nokka
雑貨:福幸の芽,おりづめ, 仙台こけしぼっこ, Kasi
織物:アトリエ亀山
水光菜園ワークショップ:風のオルガン
北欧ファブリック:K’sアトリエ
切り絵:ナカジマアヤコ
革工芸: se calmer
グリーン: MUGUET
染物靴下: 菫
ジャム:ヘルボン舎
りんご: 上杉農園 樹の下
焼き菓子:アンソレイユ
コーヒー: 芦田珈琲
パン: ふつきぱん, 本沢3丁目パン工房, ぷーんひる
カフェ: ふきながし, あとりえペチカ, eple room, wasanbon
ゆめの森カフェ Green Note
こけし劇: 仙台こけしぼっこ



■ 12/31(土)  → 1/1(日)  年越しopen

 店頭open します。
 ネットワーク農縁・高橋さんの栽培された無農薬米をもとにした麹と、お米で
 おこした自家製甘酒や、あたたかな飲みものなどをご用意します。
 東照宮神社への参拝へおでかけの際、ぜひお立ち寄り下さい。




 

2011.12.31 | | おしらせ

気仙沼復興商店街・南町紫市場 open !


12/24、いよいよ 気仙沼復興商店街・南町紫市場 の open です!
24,25日と、さまざまな企画 が催されるようです。
新庄のネットワーク農縁さん、house publishing さんも集結。

わたしもおでかけしてきます。
帰省をしてきます。






2011.12.23 | | おしらせ

 「 PIKKU JOULU vol.6 」 終。


会場へ向かう往路、
空にかかる大きな虹が。

PIKKU JOULU vol.6 、12/4 の部に参加させていただきました。

20111204pikkujoulu.jpg


会場となる、秋保・藁の家は、とても趣きがあり、
屋内は、満ち溢れるクリスマスの色。

PIKKU JOULU カフェ、たっぷりサーモンにフレッシュディルが香るスープや、
上杉農園 樹の下さんのりんごを用いた焼きりんごを作られた鈴木さん、
PIKKU JOULU にあわせて焙煎されたコーヒー豆、そのコーヒー豆を丁寧に淹れた
珈琲をサーブされた、芦田珈琲 さんのおいしさが生まれるキッチンにおじゃまさせて
いただき、冬野菜の味わいをぎゅっと閉じ込めたあたたかなスープや、本沢3丁目パン
工房さんのバゲット・野菜をたっぷり用いたサラダをお持ちしました。
そして、風土市からセレクトのおいしいものたち。
手づくりパンNOUKA さんが手がけられる、旬と土地のおいしさが詰まったジャムや
アタリマエノ タベモノ プロジェクト さんの、雑穀や野菜、蔵王ウッディファーム さんの
果樹園から生まれるドライフルーツ、中勇酒造 さんの麹と米で育まれ、滋養に満ちた
天賞あまさけ、国産・無農薬の天の紅茶を連れておでかけを。

PIKKU JOULU への、どきどきの初参加。
北欧の彩りの中、あちらこちらから届く、感嘆と笑い声。
時間の足取りも忘れてしまうような、あっという間のひととき。
きらきらした一日。
ありがとうございました。

この度のPIKKU JOULU へのおでかけに触れていただいた方々、
「お久しぶり」 や 「はじめまして」 の皆さま、
お声がけいただいた、ビヨルク・菅野さん、主催者の梅田さん、鈴木さん、
カフェでご一緒させていただいた芦田さん、
PIKKU JOULU vol.6参加者の皆さま、
おつきあいいただいた友人・みきちゃん。
本当にありがとうございました。


皆さま、どうぞたのしいクリスマスを ★





2011.12.20 | | おしらせ

「 風土市・第十二座 」 終。



20111127food8.jpg

風土市・第十二座。
年内最後の開催となる風土市。
空模様は、晴れやかに。


今回の風土市を飾っていただいた、3組の出展者さん。

20111127food7.jpg

風 草 ーフウソウー さんのブースは、黒糖や有機レモンなど、土佐のおいしさや
遺伝子組み換えをしていない大豆を用いた醤油、自家製のもろみなどがお目見え。
布ナプキンやエコカイロなど、暮らしがあたたまるお品をお持ちいただきました。

20111127food.jpg

山形・村山市からご参加くださった、手づくりパンNOUKA さん。
天然酵母を用いたパンや焼き菓子、旬や地のおいしさをたっぷり詰め込んだジャム
などが並びました。

20111127food3.jpg

風土市へ、自然の彩り溢れる苔玉を添えていただいたり、内外のディスプレイを
施していただいた、Natures Rock さん。 この度は、洋雰囲気をも醸し出す、
美しい創作門松を、ご紹介くださいました。

20111127food11.jpg
20111127food9.jpg

店頭では、キャンドルリンク 3.11 さんの、双子のキャンドル製作会。
「 被災地のクリスマスに手作りのキャンドルを 」 
1本の糸を母体として生まれる、双子のキャンドル。
片方は作られた方に、片方は被災地のご家庭のお子さんに。
同じ灯火を二つの家庭で、あたたかな光を分かつ、クリスマスイブの夜。
終始、参加される方が途切れることなく製作会が行われました。
この日、製作されたキャンドルは、気仙沼・大島の小学校、中学校へ送られ、
そして、24日のopenとなる、気仙沼・南町復興商店街のopenイベントの際に
いらしたこどもたちに手渡されます。


この度の風土市に集われた、おいしいものたち。

20111127food10.jpg

アタリマエノ タベモノ プロジェクト さんの、安心・安全な野菜やお米・雑穀たち。
新鮮な野菜が詰まった荷を開くと、ふわりと大地の匂い。葉ものや根菜類など、
彩り・種類ゆたかなおいしさを、北海道の地から。

20111127food4.jpg

チームむかご / にこまるプロジェクト さんの、にこまるクッキー。
大震災後、被災地へ向けられたあたたかな想いで始まった活動。
新しい暮らしへの活力を生み出す源へ、そして、はやくみんなが笑顔でくらせるように
という願いが込められています。

20111127food13.jpg

風土市のロゴを、おいしさの表情に再現。
風土市まんじゅうをお持ちくださった、和のお菓子工房 豆一。 さん。
感動っ(;;)

20111127food12.jpg

農園の旬を、新たなおいしさに映す上杉農園 樹の下さんの農園からの食べもの。
この日は、ラ・フランスのコンポートや、りんごの焼き菓子などがお目見えを。

20111127food5.jpg

大友みゆき さんの手づくり焙じ茶は、京都のオーガニックの茶葉を用いられ、
香ばしくも、やさしい味わいです。

20111127food2.jpg

本沢3丁目パン工房さんは、定番のおいしさのバゲットやクロワッサン、
プルーン・くるみ、杏を練りこんだパンなどが。( 撮影前に完売・・ )
風土市・第一座以来の登場! お菓子部隊として、gouter さんが、
頬がほころぶ焼き菓子を、風土市に並べてくださいました。
 
20111127food6.jpg

無農薬・無化学肥料/カフェインレスのコーヒー豆を焙煎される、芦田珈琲 さん。
おいしい珈琲豆、そして珈琲を味わうゆたかな時間を届けてくださいます。

おいしい定番ラインナップ、、蔵王ウッディファーム さんのドライフルーツや
国産・無農薬の天の紅茶・烏龍茶・在来茶、津波の被害をまぬがれた気仙沼の海草、
暮らしを彩る、七ヶ宿の白炭 さんの白炭、伝承野菜農家・森の家 さんオリジナルバッグ、
前回の風土市で参加していただいた、中勇酒造店さんの天賞あまさけ。
想いのこめられたおいしさ、お品が、たくさんの方々の手と暮らしのもとへ。

この度の風土市の売上の一部、寄せられた義援金を、託し先のネットワーク農縁・代表の
高橋さんと相談し、気仙沼の南町紫商店街の一角に、こどもたちの集まる場としてopenの
「cadocco」 の運営へ役立てていただきたく思います。


震災後の歩み出しとなり、そしてたくさんの方々の想い・つながりに支えられた風土市。
今回の風土市にて、しばしの冬眠となりますが、再開のお問い合わせ、そして、またの
ご出展の希望をいただく声に、嬉しい限りでいます。
おいしいものと、きもちを近しくする出展者さんたちがこの場に集われ、その風土市へ
想いを傾けられたり、楽しんでいただいたりしてくれる方々が足を運んでくださる、
こんなに願わしく喜ばしいことはありません。
おなかときもちの温まり。
この1年間のおつきあいを、本当にありがとうございました。



20111127food14.jpg

風土市後、ご出展の皆さんと。
ごちそうさまでした!



2011.12.18 | | 風土市

«  | HOME |  »

プロフィール

wasanbon

Author:wasanbon
「wasanbon」

仙台のアトリエ→北海道へ。
畑と暮らし。

足ることを知る。
在るものを生かす。
つながりを巡らす。

日常と非日常に備えた
暮らしの在り方を
探索してます。

■ twitter
http://twitter.com/#!/wasanbon1116

■ facebookページ
https://www.facebook.com/wasanb0n

月別アーカイブ

ブログ内検索