スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

1/27(日) 「内部被ばくを生き抜く」 上映会。



1月27日(日)。
鎌仲ひとみ監督をお迎えし、「内部被ばくを生き抜く」の上映会が行われます。
当日は監督のトーク、そして福島や沿岸部に繋がるような商品をご紹介する
販売ブースを設けられるそうです。

エスキモーの言葉で「生命」を表す、‘イニュニック’。
ユニット名・イニュニックさんにお声がけいただき、未来に紡がれていくような
品々を、wasanbonからもご紹介させていただきます。→ 

ぜひ、おでかけくださいませ。





20130127.jpg


 「内部被ばくを生き抜く」上映会

 日時  1月27日(日)
   
 〈1回目〉開場□午前9:30〜 上映□午前10:00〜 監督トーク□午前11:30〜
 〈2回目〉開場□午後14:00〜 上映□午後14:30〜 監督トーク□午後16:00〜
  お一人1回1500円
  託児室あり □お一人500円(事前申し込み)締め切り1月23日まで
  上映場所  □ エルパーク仙台ギャラリーホール6F (旧141ビル/仙台三越となり)
          仙台市青葉区一番町4-11-1(地下鉄勾当台駅下車)
    

 チケットのネット申し込み = http://kokucheese.com/event/index/52177/
         (「こくちーず」検索→トップページ→開催場所→宮城→1月27日イベント)
 FAXでのチケットのお申し込み=022-377-4561 下記を記入の上FAX下さい
               お名前/お電話番号(メルアド)/枚数/上映時間の希望




スポンサーサイト

2013.01.25 | | おしらせ

「 ふーどんと 」 終。


20130114donto.jpg


窓を開けると、一面の銀世界・・。

大雪の中、ふーどんとopenしました。
厳しい寒さが募るこの日、店頭ではあたたかなものをご用意。

本沢3丁目パン工房さん、お手製のオニオングラタンスープがお目見え。
飴色に炒められた玉ねぎがたっぷりのスープに、人気のバゲット・チーズを
浮かべて。

20130114donto3.jpg

真鍮のエスプレッソマシーンを携えてお越しいただいた深夜Espressoさんは、
淹れたてのコーヒーをご提供くださいました。
笑み浮かぶ、おやつ付き。

20130114donto4.jpg


wasanbonでは、麹と酒粕の2種の甘酒と、無農薬柚子茶をご用意しました。

雪と風が吹きすさぶ中も、どんと祭へ行き交う人波。
お立ち寄りいただいた皆さま、おつきあいいただいた出展者さま、
本当にありがとうございました!



20130114donto2.jpg





2013.01.24 | | おしらせ

これまでの予定  ~ 1/14



  師走 → 睦月




■ 12/31 → 1/1  年越 open します!

  自家製甘酒や、あたたかな飲みものなど、ご用意。店頭 open します。



■ 1/1   11時頃 ~ 無くなり次第 close

  店頭 open します。自家製甘酒や、あたたかな飲みもの。
  Comado さんの、ホットチョコレートやヴァンショー、ボルシチなどもお目見え!



■ 1/14  「 ふーどんと 」  14時頃~ 無くなり次第 close

  店頭 open しますー。


2013.01.14 | | おしらせ

暮らしの手習い・ゆくら室 「 いのちのスープを味わう 」  



 ■ 暮らしの手習い・ゆくら室  「 いのちのスープを味わう 」 


 
      20130223genmaisoup.jpg


 ぬくもりある想いと食を通して、日本の風土や食文化の大切さを伝う、
 料理家・辰巳芳子さん。
 家族の看護や暮らしの中から育まれた、数々の「いのちのスープ」。

 ドキュメンタリー映画 「天のしずく」 の中でも印象的なものであり、
 シンプルな素材の旨みが凝縮された玄米スープ。

 辰巳芳子さんに師事し、スープを学ばれた、阿部キミ子さんをお迎えし、
 玄米スープの製作の過程を拝見し、出来上がったスープをいただきます。


  日時:  2/23(土) 10:30-12:00 / 13:00-14:30 満席です  ※予約制
  講師:  食と健康アドバイザー 阿部キミ子さん
  会場:  wasanbon ( 仙台市青葉区東照宮1-7-16 )
  参加費: \1000 ( スープの試食付 )
  持ち物: 筆記用具、マイカップ


 各回とも満席の為、受付は終了致しました。
 お申し込みいただきまして、ありがとうございます。



2013.01.12 | | ゆくら室

あけましておめでとうございます。



20130101ganntan2.jpg


あけましておめでとうございます。

年納め。
共に迎える、2013年・wasanbon年初め。

渡る節目を、wasanbon店頭にて。

秋田の麹と無農薬米でおこした手づくりの麹甘酒は、古代米を用いた
ものと、2種の紅白カラー。

20130101ganntan.jpg

酒粕甘酒は、今年も気仙沼の男山酒造の酒粕を。
ふわりと漂う、華やかな香り。
沖縄バナナのバナナミルクなど、あたたかな飲みものをご用意。


20130101ganntan3.jpg

元旦・お昼頃のopen時は、Comadoさんによる、ボルシチやホットチョコ
レート、ホットワインがお目見え。
おいしい彩りを添えていただきました。


今年も、ふくふくと日々とwasanbonを育んでいきたいと思います。
2013年も、どうぞよろしくお願い致します。


2013.01.03 | | おしらせ

«  | HOME |  »

プロフィール

wasanbon

Author:wasanbon
「wasanbon」

仙台のアトリエ→北海道へ。
畑と暮らし。

足ることを知る。
在るものを生かす。
つながりを巡らす。

日常と非日常に備えた
暮らしの在り方を
探索してます。

■ twitter
http://twitter.com/#!/wasanbon1116

■ facebookページ
https://www.facebook.com/wasanb0n

月別アーカイブ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。