スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

これまでの予定  ~6/30



■ 6/1  繕ひ茶寮  11:00 - 16:00 wasanbon内にて。


gorotukihasinosita.jpg


 橋のしたさんの繕いごとは、「直す」というよりも「彩る」という表しが近しい。
 
 季節は衣替え。
 橋のしたさんをお迎えしての、繕ひ茶寮。
 針と糸はこちらでご用意していますので、穴ぼこや虫食い、擦り切れてしまった衣服など、
 ご持参の上、おでかけください。終日開催。ご予約不要です。
 オーダー等のご相談も承っています。
 wasanbon定番商品のお買いもの、お茶もできますので、お気軽におでかけください。
 ( ※ パンやコーヒー豆などの入荷の予定はございません。)




■ 6/2 暮らしの手習い・ゆくら室  「 暮らしと食の、根に触れる。 」


 何十年も遺伝子組換作物の反対運動をつづけ、在来作物や幻の米と
 言われる「さわのはな」を栽培されている、ネットワーク農縁・代表の
 高橋保広さん。
 農業の現場、TPPの動きをふまえ、わたしたちは食べ手・生活者として
 何を知るべきか。何を想うべきか。
 反TPP・反原発、被災地支援等、農業・暮らしを守る活動の前線にいる
 高橋さんを囲みながらのお話し会を開催します。

 農家の小昼をイメージした試食と、「まける米」のお土産つき。
 被災された方々を高橋さんの田んぼに迎え、皆で手植えを。
 収穫したお米は「まける米」と名し、お米の売上は震災を風化させない
 為の活動に用いられています。
 農と暮らしの根に触れ、被災地の支援にも繋がる、ゆくら室。


  日時:  6/2(日) 13:00-14:30 ※ 予約制
  講師:  ネットワーク農縁 代表  高橋 保広 さん 
  会場:  wasanbon ( 仙台市青葉区東照宮1-7-16 )
  参加費: \1800 (小昼の試食、まける米のお土産つき)


※ 満席に達しましたので、受付終了いたしました。お申し込み、ありがとうございます!





■ 6/3 暮らしの手習い・ゆくら室 「 暮らしの中に、甘酒を  」


20120614amasake.jpg


  日時:  6/3(月)  11:00 - 12:30 ※予約制
  講師:  麹甘酒造り人 蕪城 文子さん
  会場:  wasanbon ( 仙台市青葉区東照宮1-7-16 )
  参加費: \1.500( 甘酒を用いた試食付 )

 一口に「甘酒」といっても、原料から製法まで、市場で展開される甘酒商品は、
多種多様。
麹甘酒造り人・蕪城 文子さんをお迎えし、さまざまな甘酒の飲み比べを試み、
甘酒のそれぞれの違いを知りながら、「美味しい」と感じる相性を見つけていき
ます。
蕪城さんの手がける甘酒を用いた軽食をいただきながら、甘酒の奥行と、自身に
内在する「美味しさ」の目線を捉えるひととき。

※ 満席に達しましたので、受付終了いたしました。お申し込み、ありがとうございます!





■ 6/16 「 縁側ごろつき市 」 @山形・村山市

おでかけ風土市。
ごろついてきます。


20130616gorotuki.jpg


2013 年6月16日㈰ 10:00-16:00

雨天決行・入場無料 駐車場:村山市役所

お問合せ:縁側ごろつき市実行委員会(電話:0237-56-3370)

主 催:縁側ごろつき市実行委員会  後 援:最上徳内記念館(村山市)

最上徳内記念館[ 村山市中央1-2-12 ]

電話:0237-55-3003


:: 出展者さん

ぱん処げたや さん
富士紙器 さん
こめやかた さん
大石田焼 次年子窯 さん
guapamiga さん
布施拓郎 陶芸 さん
家具工房 N’works さん
MOCO-CHOCO さん
工房nerori さん
hokorobi さん
囲碁クラブ さん
m*g さん
アモモ さん
WAGON さん
HotCarrotFarm さん
蔵王ウッディファーム さん
atelier soeur さん
totomaぱん さん
えんジャム さん
矢ノ目糀屋 糀屋カフェたんとKitchen さん
ART ATTACK PRODUCTION. さん
山形ガールズ農場 さん
123[HiFuMi] さん
手づくりパンNOUKA さん


[ 関連企画]

招き猫作家もりわじん展 げんかつぎ猫百覧会

平成25年5月31日㈮-6月18日㈫

げんかつぎとは、縁起が良く福になる行為です。
子供のように無邪気でのびのびとした自由闊達な猫を展示します。
愛らしい姿に見た者の心を優しく癒してくれます。ぜひご覧ください。





■ 6/23 「 風土市・第二十三座 」


foodichimini.jpg



 おばあちゃんになるまで触れ続けていたい
 こどもたちに手渡したい、おいしさや手仕事のものが集います。






■ 6/28

 ※ ひふみよマルシェ 6/28(金)PM ~ 復興ブースに参加させていただきます。 


19895_509265082480680_145560591_n.jpg


▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

◆サンカトゥールフェスタ 開催概要◆

【憩いの参加型広場】
家族の憩いの場として、子どもたちが遊べる参加型ワークショップイベントを開催。
休憩スペースとフードコートを設置。(会場: 杜の広場)

【マルシェ】
東北6県から生産者が集まる食品、手づくり雑貨やクラフト、体験型ワークショップなど
多様な出店がある対話型市場。(会場: 連絡通路)

【スポーツ】
東日本大震災復興支援 「バスケットボール日本代表国際親善試合2013」を開催。
(会場: ゼビオアリーナ)
http://www.xebioarena.com/news/2013/06/2013628292013.php

 ・6/28(金) 15:30 会場  16:30 女子試合開始 19:00 男子試合開始
 ・6/29(土) 12:00 会場  13:00 女子試合開始 15:30 男子試合開始

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

◇ひふみよマルシェ 開催概要◇

【名称】 “ひふみよマルシェ” in サンカトゥールフェスタ
【日時】 6/28(金) 11:00~17:00、6/29(土) 11:00~16:00
【場所】 杜の広場 連絡通路
     (スポーツパークあすと長町・スーパースポーツゼビオ隣接通路)
     [仙台市太白区あすと長町1-4]  ※長町駅より徒歩3分




■ 6/30  空cafeさんの「market」へ。 おでかけ風土市。

  11:00 - 15:00    :: 福島市土湯温泉町茂田1


:: 出展者さん

branche さん
cheche さん
DROPS さん
工房nerori さん
peach heart さん
プリマリア さん
うさぎや さん
ぼんさいやあべ さん
もんぞう農園 さん
HAYASHI.Lab さん
かつ亭 さん
そばよし さん
江戸政 さん
smile商店 さん
中華や さん
豆食堂ポロッポー さん
布小物の プチクローバー さん
謎の店 HOPI ROKI さん
ハチミツの 鈴木養蜂所 さん





スポンサーサイト

2013.06.30 | | おしらせ

 「パワー・トゥ・ザ・ピープル」上映会!



pttp.jpg


【エネシフみやぎ】 宮城でも自然エネルギーやっぺし!
 
  「 パワー・トゥ・ザ・ピープル 」上映会
     ~ グローバルからローカルへ 
         「大きな社会」から顔の見える「小さな社会」へ ~


地域で市民自らが自然エネルギーを作ることによって、地域のお金やエネルギーが
循環し、人々はいきいきと自らのエネルギーを存分に発揮して生きている…
映画 「 パワー・トゥ・ザ・ピープル~グローバルからローカルへ 」 は、デンマーク・
サムソ島など、信頼をベースにした地域自立型の社会や
分散型経済社会への移行を描いた、明るいビジョンに満ち溢れたドキュメンタリー
映画です。
上映後は、宮城で実際に自然エネルギーの導入を始めた方々にお話を伺いながら
市民がエネルギーを自分の手に取り戻すことの意義を考えます。
キーワードは、「 グローバルからローカルへ 」 「 地域でつくる自然エネルギー 」
ぜひご参加ください!


■ 日時 6/29(土) 14:00~16:15( 13:30開場 )

■ 場所 仙台市戦災復興記念館 4階研修室
     
■ プログラム

 〇 第1部
 映画 「 パワー・トゥ・ザ・ピープル ~グローバルからローカルへ 」 上映

 ● 第2部 「パネルディスカッション」
 自然エネルギーに関するヨーロッパと日本の状況などの解説
 宮城で自然エネルギーに取り組む方々のお話

■ 参加費 大人:1000円, 学正:500円(資料・会場代)中学生以下は無料です

■ 参加人数 先着60名( 要予約 )

■ 参加方法 下記フォームより事前申込みをお願いします
       http://kokucheese.com/event/index/96079/

■ お問合せ エネシフみやぎ『パワー・トゥ・ザ・ピープル』上映会事務局
       eneshif.miyagi.p2p@gmail.com


:: 映画 「 パワー・トゥ・ザ・ピープル ~グローバルからローカルへ 」

大手電力会社に頼らずに、自然エネルギーで自らのエネルギーを創出するデンマーク・
サムソ島の取り組み。
大手保険会社でなく地域住民がお金を出し合って作る保険「 ブラッド基金 」の、
オランダでの広がり。
信頼と協力に基づいた「 顔の見える 」小さな社会の幕開けが、多国籍企業が支配する
大きな社会からの脱却を実現することを描いたドキュメンタリー映画。
(2012年・オランダ)

:: エネシフみやぎとは?

宮城でもエネルギーシフト(=持続可能な社会に向けたエネルギー利用の転換)を進め
ましょう!
原発にも化石燃料にも頼らず、身近にある自然エネルギーを活用した持続可能な地域や
暮らしを、宮城から創りたい―
そんな想いを持ち、自然エネルギーに関して、学び、共有し、実践につなげていく場と
して、2012年5月に誕生しました。
自然エネルギーに関する勉強会や、Facebookやメーリングリスト等での情報交換を行っ
ています!

Facebook : http://www.facebook.com/miyagi.de.eneshif/info
blog: http://eneshif-miyagi.tumblr.com/
twitter: @EneshifMiyagi


※今回の上映会の電力は、グリーン電力証書を利用しグリーン電力でまかなわれています
(グリーン電力とは、風力、太陽光、バイオマス(生物資源)などの再生可能エネルギーに
より発電された電力のことです)





Sendai Lycéeセンダイリセ&エネシフみやぎ共催の以下の上映会もご参加下さい。


 「 パワー・トゥ・ザ・ピープル 」 ミニ上映会


■ 日時 6/28 (金)

■ 昼の部

  会場 : 宮城野区中央市民センター 第二会議室 (宮城野区役所隣)
         (仙台市宮城野区五輪2-12-70)

  時間 : 14時上映開始 (13時半受付開始)

  参加費 : 1,000円  

■ 夜の部  

  会場 : (有)マハロ(錦町公園近くハーネル仙台隣)
         (仙台市青葉区本町2-12-4)

  時間 : 19時上映開始 (18時半受付開始)

  参加費 : 1,000円  

■ 申し込み・問い合わせ

  メール  sendai.lycee@gmail.com
  TEL 090-8783-0280 (梅津)



2013.06.28 | | おしらせ

「 風土市・第二十三座 」 ・終。



入梅するも、夏を想う晴れやかさ。
暦は、夏至を過ぎて。

風土市・第二十三座。
おでかけくださった皆さま、ご出展・ご参加の皆さま、おつきあいいただきまして、
本当にありがとうございました。


ご出展いただいた、3組の方々。

20130623food.jpg

あたたかな育み。手のひらから生まれる、やさしいフォルム。
レーズンからおこした自家製酵母でつくられる、ふつきぱん さんのパン。

20130623food2.jpg

看板息子くんとご一緒に。


20130623food3.jpg

きっかけは、こどもたちや家族へのおやつ。
すみやのくらし さんの、炭やそば入りのクッキーは、あたたかな目線と想いが
込められて。

20130623food4.jpg

明治三十九年創業。山形県・新庄市の、カフェフクダエン(お茶の福田園) さん。
抹茶を身近に感じていただけるようにと、レクチャーをいただきながらの野点。
目の前で点てられた抹茶をいただく贅沢。
 



20130623food5.jpg

旬の味わいの入荷。名取の三浦農園さんのミョウガタケがお目見えしました。
花ミョウガとは趣の異なる瑞々しさ。

上杉農園 樹の下 さんからは、季節を含んだ瓶詰めやスコーン、新鮮な野菜が。
袋いっぱいに詰められたバジルの香しさ!
本沢3丁目パン工房 さんからは、フランスパン生地に包まれたあんぱんや、塩気の
効いたフォカッチャなど多種のパンが並びました。
芦田珈琲 さんからは、その味わいの先が生産者さんの支援や環境づくりに繋がる
世界各地の5種のコーヒー豆が届けられました。

20130623food6.jpg

風土市で新入荷となる、NORTH FARM STOCKさんの、おいしさ。
北海道の大地が育んだ、こだわりの食材を用いてつくられた味わいです。



揺らぐ木漏れ日。
抱きかかえられた、こどもの笑い声。
思い思いに巡るひととき。

愛おしい光景に目を細めるような
あたたかく溢れる記憶に染まる一日。

ありがとうございました。






2013.06.26 | | 風土市

ふつきぱんさん のこと。



futukipan.jpg


自家製酵母とおいしい小麦の
『ちゃんと噛まなきゃいけないパン』
好きな人と食べるもよし
ひとりでこっそり食べるもよし
あなたのおくちにあえますように


ふつきぱん さんHP →




名取市・ゆりが丘。

手づくりされたお店の中で、ゆたかな酵母が育まれて。
パンが焼きあがる快い香りが立ち昇って。


手のひらで包み込む。
どっしりとした存在感のある、ふつきぱん さんのパン。

おなかの中に
身体の芯に
響くように。染み渡るように。




2013.06.22 | | 風土市

カフェフクダエン(お茶の福田園)さんに、きいてみる。



外接と内接。
世界との交点とを紡ぎ、
繋がり広まる風景。

あたたかな磁場と
日々の中の小さな特別を抱きながら。


カフェフクダエン(お茶の福田園)さんに、想いをお伺いしてみました。




201306foodfuku.jpg


Q: カフェフクダエン(お茶の福田園)さんは、その手仕事をはじめられたのは、どのような
  きっかけや想いからですか?

 - 自分の店の前でテントを点てて、ベンチを置いて超簡単なオープンカフェ的スペースを
  作り、「夕涼み茶会」と名付け、週一回夕方の二時間だけやってみたことがありました。
  完全な思いつきです。
  その「夕涼み茶会」のお客様がおっしゃったんです。
  『新庄の街中のオープンカフェで抹茶をいただけるなんて、新庄に住んでて良かった!
  こんな体験、東京とか京都とか行かないと出来ないと思ってた!』と。
  抹茶をきがるに楽しめるという事がこんなにも喜んでいただけるなんて!
  抹茶はものすごい潜在能力を持ってる!
  そう思いました。すごく嬉しかったです。

  これがきっかけです。

  それから、僕はカフェフクダエンという屋号で、いろんなイベントに出店して抹茶を点てて
  販売し始めました。やっぱりビックリするくらい好評いただきまして、有り難いことに5月
  から11月までほとんど毎週いろんなイベントからオファーをいただきまして、抹茶を点て
  まくってきました。去年のイベントシーズンで何千杯の抹茶を点てたでしょう。
  もしかしたら僕は日本一抹茶を点てた人かも知れません。

  抹茶はいろんなスイーツや飲み物に使われて人気がありますが、いざ抹茶そのものを飲
  もうと思うとなかなか気軽に楽しめる場所はありません。
  茶会では敷居が高くなってしまいますし、茶道は素晴らしい文化ですが、純粋に飲み物
  として抹茶を楽しむ場所とは少し違います。
  僕はカフェでコーヒーを楽しむように抹茶を楽しんでもらいたいのです。
  そして抹茶に興味を持っていただけたなら、もう少し踏みこんで抹茶をご自分で点てて
  いただきたいのです。
  そのためにワークショップもやっています。

  抹茶を点てることそのものは意外とかんたんです。
  かんたんですけど、やっぱり抹茶は特別感があります。
  大切な誰かとの時間に抹茶を点ててみたらどうでしょう。
  おもてなしの気持ちがすごく伝わると思います。
  抹茶を点てておもてなしする方もすごく充実感を感じられるとおもいます。
  ライフスタイルの中に「抹茶を点てる」という行為を取り入れることで、その方の大切な
  誰か・・・・・
  ご夫婦でも親子でもお友達でもお世話になっている誰かでも・・・・
  そういう方とのひと時をより濃密なものに出来ると思うんです。
  そしてその大切な方との絆をより深めるためのツールとして役に立つと思うんです。
  そのためのきっかけ作りやご提案ができれば、お茶屋としてこれほど嬉しいミッションは
  ないな、と思って、色々な場所で抹茶を点てています。


Q: 当日はどのようなものをご出品のご予定ですか?

 - 抹茶と抹茶ラテ
  ワークショップ形式にしようかなと思います。
  抹茶はじめてセット
  これはカフェフクダエンオリジナルでセットアップしたもので、抹茶、茶筅、茶杓、抹茶碗、
  マニュアルがセットになっていてこれさえあれば抹茶のあるライフスタイルをすぐに、はじ
  めていただけます。
  抹茶碗は地元の若手作家さんに作ってもらっています。


Q: 品物・素材を選ぶ目線、そこにある想いを教えてもらえますか?

 - 抹茶は地元では作られていませんので、本場の京都から仕入れています。
  京都の老舗の抹茶で、今でも石臼でゴリゴリ挽いて作られている本格的な抹茶です。
  抹茶にも色んな個性がありますが、まろやかで甘味さえ感じられるような、そんな抹茶を
  セレクトしています。


Q: 「おいしい」って、どんなものでしょう?

 - 味覚はとても相対的なものです。
  環境、思い入れ、雰囲気にとても左右される感覚です。
  僕は「体験」として「おいしい」を抹茶で表現したいと思ってます。
  一回ずつ丁寧に点てた抹茶を素敵な雰囲気の中で楽しんでいただく。
  そしてそれを日常にフィードバックしていただけたら、それはとても「おいしい」ライフスタイル
  になるんじゃないでしょうか。


Q: 最近、触れた、おいしいものや情景があれば、教えてもらえますか?

 - 最近僕のまわりには面白く興味深い人達がたくさんいらっしゃるんですが、食べ物に関
  わるかたがとても多いのです。
  そういう方が紡ぎ出す食べ物はその「人」が透けて見えるんですね。
  だからおいしい!と思います。
  「おいしい」は「人」だなと思います。


Q: 食べ手さんに伝えたいことは、どんなことでしょう?

 - ここまで申し上げたことがそのままお伝えしたいことですかね(笑)
  風土市のコンセプトと重なります。
  物を買う、ということは、お金を支払う、ということは一歩通行ではありません。
  循環することです。
  また循環することをイメージしてお金を使いたい。
  食べ物もモノも、そこに込められたメッセージにお金を支払いたい。
  買い物の全てがそうでなくても、そういう気持ちや意識を常に心のどこかに持っていたい。
  そう思います。


Q: これから手がけていきたいことは、どのようなことですか?
 
 - もっとたくさんの方に抹茶や日本茶のおいしさと、それを触媒にした体験をご提案していき
  たいです。
  ワークショップをもっと充実させていきたいです。
  もちろんイベント出店はこれからもどんどんやっていきます。
  このイベントに来てほしい、とかウチでワークショップやってほしい、とかございましたら
  お気軽にご相談くださいませ~♪


973278_435396383234806_2014775774_n.jpg

201303foodfuku2.jpg

2013.06.22 | | 風土市

すみやのくらし@七ヶ宿の白炭 さんに、きいてみる。 



その指先は、
小さき手を守り
ぬくもり在るおいしさを紡ぎ
未来に光を奏でる。

母なる想いから


すみやのくらし@七ヶ宿の白炭 さんに、想いをお伺いしました。
 



201306foodsumi.jpg



Q : すみやのくらしさんは、日々どのようなもの(こと)を手がけられていますか?

 - 始めたばかりなので、ひたすら自家製の炭パウダーを使った炭クッキーと
  地元のそば粉を使ったそばクッキーを焼く日々。「みんなの放射線測定室」で
  定期的に測定もしてもらいます。1時間測定をしてもらって不検出。嬉しい!
  アルバイトにきてくれるママ友と、仕事をしつつこれから作るお菓子のアイディア
  を出し合う…、そんな毎日です。


Q : その手仕事をはじめられたのは、どのようなきっかけや想いからですか?

 - お菓子は家族のおやつとして日々創ってきました。それが、町内で開催された
  『地場産品コンテスト」なるもので、たまたま最優秀賞を頂いて、商品化の話が
  出たのがきっかけです。
  私がずーとし続けてきたこと、大事にしてきたことって、食べることだったんだなー、
  と改めて気づかせてもらった感じでした。


Q : 当日はどのようなものをご出品のご予定ですか?

 - 「炭のやわらかクッキー」「炭のさくさくくっきー」「そばくっきー」


Q : 素材を選ぶ目線、そこにある想いを教えてもらえますか?

 - なるべく昔ながらの当たり前の作り方で作った食材、身体が喜ぶもの、地産地消
  が一番いいけど、とらわれずいいと思ったモノを取り入れること。


Q : 「おいしい」って、どんなものでしょう?

 - 身体がほっくりするもの、喜ぶもの。


Q : 最近、触れた、おいしいものや情景があれば、教えてもらえますか?

 - 毎日食べているのですが、自家製の乳酸菌を使ったヨーグルトやジュースたち。
  ずーと食べ続けているのに、疲れた時は特に、身体に沁みとおっていって、身体
  全体が「美味しい!」って言っている感じがします。
  それ以外にも、冷奴、当たり前のお浸し…そんなのを食べて、これとこれが合わさ
  ったら、きっと美味しい!とイメージが湧いて感動することが多い(笑)
  食べること、好きです!


Q : 食べ手さんに伝えたいことは、どんなことでしょう?

 - クッキーを作るとき、パッケージする時、心の中でおまじないを唱えています(笑)

  まーるくなーれまーるくらーれ、みんなの(私の)心…

  魔法のおまじないが効くといいな。


Q : これから手がけていきたいことは、どのようなことですか?

 - クッキーの種類をもう少し増やしていこうと思います。
  それと七ヶ宿の季節のケーキを作りたい。やりたいことはいっぱい!
  だからこそ、一つ一つ丁寧に作っていきたいです。



201306foodsumi2.jpg
201306foodsumi3.jpg

2013.06.20 | | 風土市

「 縁側ごろつき市 」 終。



雨模様が転じて、夏のような陽射し。


20130616goro2.jpg

去年の秋以来。
ひさしぶりの、最上徳内記念館。
そして、「 縁側ごろつき市 」。

縁側から臨む庭園には、約25ブースの出展者さんご自身が手がけられた
おいしさや作品が並べられました。


20130616goro.jpg

縁側ごろつき市へ、おでかけ風土市。
定番のものや、新たにお目見えの品々を携えて。

20130615miyagizairai4.jpg

前日、名取の三浦 隆弘さんの畑で、縁側ごろつき市の為に刈っていただいた
ミョウガタケ。美しい紅と、瑞々しい辛みと香味。


20130616goro3.jpg

お隣は、いつもお世話になっている蔵王ウッディファームさん。
色合いの美しい、作りたてのブルーベリーとさくらんぼのジュース。
身体すみずみに染み渡るおいしさ。

20130616goro4.jpg

川地あや香 さんのスコーンとのコラボプレートも登場。


20130616goro6.jpg

20130616goro5.jpg

記念館内では、もりわじんさんの「げんかつぎ猫百覧会」。
庭園では、手ぬぐい製作ワークショップや陶芸体験。
縁側で囲碁も!

20130616goro8.jpg

矢ノ目糀屋さんの甘露抹茶と、ぽたじぇさんの苺ソーダ。
目に味わいに、嬉しさ帯びて。



20130616goro7.jpg


あっという間のひとときに、名残惜しさ。

慕う山形の方々に一堂に顔をあわせられる機会、新たな出会い。
そして、山形で風土市をたのしんでいただけることが何よりの喜ばしさでした。

ありがとうございました。


2013.06.20 | | おしらせ

種を想う、週末。



今週末の映画情報を。

遺伝子組換えと在来作物。
対極を成すような存在。


こどもたちに
未来に繋げたい食べものとは。




■ 6/15(土) 「モンサントの不自然な食べもの」


bg_index.jpg



「食」、ひいては「いのち」をめぐるグローバル企業の実態を描いたドキュメンタリー。
アメリカに本社を構えるアグロバイオ企業「モンサント社」、世界の遺伝子組み換え
作物市場の90%を誇るグローバル企業の、クリーンなイメージに隠された裏の姿を
カメラは追う。
遺伝子組み換え作物から、過去に発売された枯葉剤、農薬、PCB、牛成長ホルモン。
1世紀にわたるモンサント社のヴェールに包まれた歴史を、貴重な証言や機密文書に
よって検証していく。
自然界の遺伝的多様性や食の安全、環境への影響、農業に携わる人々の暮らしを、
意に介さないモンサント社のビジネス。
本作は、生物の根幹である「タネ」を支配し利益ばかりを追求する現在の「食」の経済
構造に強い疑問を投げかける。
「世界の食料支配、それはどんな爆弾より脅威である・・・」と作中で語られる、世界の
食物市場を独占しようとするモンサントの本当の狙いとは?


■ 日時  6/15(土) 午前の部:11:00- 午後の部:13:30-

■ 会場  ハーネル仙台 2F 松島の間 (仙台市青葉区本町2-12-7)

■ 料金  入場無料(事前申込制)

■ 主催 「モンサントの不自然な食べもの」上映実行委員会

■ 共催 大東住宅株式会社

■ お問合わせ 電話:022-343-2021(担当:菊池さん・大友さん)
        メール:eigyo@daitojyutaku.co.jp






■ 6/16(日) 映画「よみがえりのレシピ」&「自然な住まいと暮らしのレシピ」講演会


film-A-thumb-300x423-1330.jpg


【アース・ビジョンin東北】上映プロジェクト

映画「よみがえりのレシピ」上映会 and 「自然な住まいと暮らしのレシピ」講演会


 ◎ 第1部  映画「よみがえりのレシピ」

 山形県庄内地方を舞台にした地域固有の「在来作物」を題材に、世代を超えて
 伝わる種を受け継ぐ人たちや、地元の有名レストラン”アルケッチャーノ”の
 奥田政行シェフがイタリアンで在来作物を表現するなど、多方面から「種」を
 守り続ける人々の姿を描いたドキュメンタリー映画。


 ◎ 第2部  講演「自然な住まいと暮らしのレシピ」

    〜よい室内環境と暮らしのススメ〜  濱田ゆかりさん

 ○講師プロフィール

 「ひと・環境計画」代表。一級建築士。シックハウスコンサルタント。
 人と環境に負荷をかけない建材とエコロジカルなシステム研究をおこないながら、
 住宅や学校、企業などのシックハウス対策、西欧のエコ建築見学ツアー等を行って
 いる。また、人と風土に配慮した生物学的な視点を大事にするバウビオロギー住宅
 の設計も行う。自らも化学物質過敏症。

 ○主な著書として、「くさる家に住む。」 六耀社 2013年
 「安心・安全な内装材料・設備ガイド」工文社、2011年


■ 日時 6/16(日) 13:30-16:30(13:00開場) 

■ 会場  せんだいメディアテーク スタジオシアター(仙台市青葉区春日町2-1)

■ 料金  大人:1000円  高校生以下:500円 小学生以下:無料

■ 主催 アース・ビジョン実行委員会

■ 共催   アース・ビジョン組織委員会      

        NPO法人日本の森バイオマスネットワーク

  特別協賛 サスティナライフ森の家

  助成   芸術文化振興基金

■ お申込 お電話またはEメール、FAXにてお申込みください。

■ 問い合わせ先  アース・ビジョン実行委員会内 サスティナライフ森の家

  フリーダイヤル  0120−317−618
  TEL 022−343−6710  FAX 022−343−6712
  E-mail info@sustainalife.co.jp




2013.06.13 | | おしらせ

暮らしの手習い・ゆくら室 「 暮らしの中に、甘酒を  」 終。



天賞あまさけのつくり手、蕪城 文子さんをお迎えして、甘酒の奥行きに触れる、
暮らしの手習い・ゆくら室  「 暮らしの中に、甘酒を 」 。

一口に 「 甘酒 」 といっても、市場に並ぶ甘酒商品は、原料から製法においても
多種多様の展開。


20130603yukura.jpg

この度のゆくら室では、さまざまな甘酒の飲み比べを試み、それぞれの違いを知り
ながら、自身が「美味しい」と感じる相性を見つけていきます。

蕪城さんがご用意くださったメモに、感覚・想いを書き留めながら。


20130603yukura2.jpg

ポテトサラダ、2種。
片方には下味に甘酒が用いられ、味わいの違いに触れます。
甘酒が使われたポテトサラダは、生クリームのようなコクが。


20130603yukura3.jpg

蕪城さんが手がけてくださった、甘酒料理の試食。
旬の空豆と新玉ねぎの冷製スープ。
豆腐そぼろをのせたごはんに、蕪ときゅうりのあまさけ漬け。

やさしさを帯びた味わい。
お母さんといっしょにご参加の赤ちゃんも、口いっぱいに頬張って。


ご参加の方が、手づくりの玄米甘酒をお持ちくださったり、甘酒の用い方や
レシピなど、さまざまな話題が花ひらく場にも。


ご参加の皆さま、蕪城さん。
あたたかく染まるひとときを、ありがとうございました。




2013.06.06 | | ゆくら室

暮らしの手習い・ゆくら室 「 暮らしと食の、根に触れる。 」 終。


「 暮らしと食の、根に触れる。 」

山形県新庄市から、ネットワーク農縁・代表 高橋 保広さんをお迎えしてのお話し会
を開きました。


20130602yukura.jpg


「まずは、食べっぺ。」 と、高橋さんの掛け声に、腹ごしらえからスタート。
この日は、農家さんの一服・「小昼」をイメージした試食をご用意。
高橋さんの栽培された無農薬アキタコマチを用いて、梅のおむすび、さつまいもの
おむすび、大友みゆきさんの自家製倍煎茶で炊き上げた、茶飯のおむすび。
高橋さんから教わった、きなこと黒糖をふりかけたおむすび。米粉のがんづき。
そして、高橋さんがお持ちくださった、奥様特性の漬け物と、わらびの一本漬を。


おなかを満たしたところで、お話し会の開始。

20130602yukura2.jpg

平成7年に立ち上げられた、ネットワーク農縁さんの活動は、遺伝子組換に反対し、
在来作物を増やすこと。
そして、食べ手の方々に喜んでもらえる安心安全な作物を生産するという想いを掲げ、
今尚、遺伝子組換作物の反対運動、在来作物や幻の米と言われる「さわのはな」の
栽培などをつづけられています。

在来作物の対極に位置を成すような、遺伝子組換作物。
そして、懸念されるTPP。

「本来、種は自分で育つもの。遺伝子組換作物は、半強制的に操作をする。」
「TPPに関しては、種が一番問題だと思う。」

高橋さんは、語ります。


20130602yukura3.jpg

参加者さんがお持ちくださった、品種改良を重ねたF1種のタネ。
まるで、ジェリービーンズやビーズのよう。


赤ちゃん連れのおかあさん、午前中は畑で作業をされていた方、ご実家で農業に
携わられていた方や建築関係の方など、テーブルを囲んだ皆で、想いや意見を
交わしながら、熱のこもったお話し会。

「自分が食べたものが、この子の母乳になる。」
「安全で安心な食べものを得ることが、こんなにもむずかしいなんて。」

お話しの途中で、言葉に震えを帯びる場面も。



「食べる皆が声を出さないと、どうしようもない。」

知る努力、
情報を得ることの大切さを伝える、高橋さん。


お話し会のさなか、
「 また、今日のメンバーで集まるべ。秋に秘伝豆を食おう。うまいんだ。 」
と、高橋さんから申し出が。

ゆくら室後、そして翌日の電話の中でも、高橋さんからあれやこれやの提案が。
そして、「 本当にいい時間だった。本当によかった。」 と、何度も、何度も。


つくり手の方との繋がり。
食べて、おしまい。
食べ終えたら無くなってしまうものではない、
あたたかく通う、ぬくもりある循環。


20130602yukura4.jpg


開催時間枠を大幅に延長し、長い時間をおつきあいいただいた皆さま、
そして、高橋さん。 貴重なひとときを、本当にありがとうございました。





makerumai6.jpg

この度のゆくら室は、「 まける米 」 のお土産つき。
( まける米とは→   )
いただいた参加費が、震災を風化させない為の活動に結ばれます。

被災された方々を高橋さんの田んぼに迎え、皆で手植えを。
その繋がり、想いの継続。
今週末、3年目の「 まける米 」の田植えが行われます。







2013.06.06 | | ゆくら室

「 繕ひ茶寮 」 終。  



6月に入り、季節は衣更え。

20130601tukuroi.jpg

6月の1日。
繕いごとを手がける 橋のしたさん をお迎えして、「 繕ひ茶寮 」 open。
( 橋のしたさんに、看板を描いていただきました* )

20130601tukuroi5.jpg

余り布を利用して、橋のしたさんがちくちくと繋ぎあわせた旗も吊るし、
アトリエ内は、橋のしたさん色。

この日は、かかと周りや裏側が薄くなってしまった靴下や、
転んだ時にポケット付近が破れてしまったボトムなどをお持ちくださった方が。

20130601tukuroi3.jpg

お好みの色や繕いのサンプルと見合わせながら、相談ごと。

20130601tukuro4.jpg

橋のしたさんの、鮮やかな手さばき。

20130601tukuroi6.jpg

擦り切れてしまったかかとに、目玉ちゃん。
左の脚の裏側も、多彩な色の糸を用いて繕われました。

20130601tukuroi2.jpg

わたしも傍らで、穴あきカーディガンをちくちく。
背中に咲いた、花一輪。


橋のしたさんの繕いごとは、「直す」というよりも「彩る」という表現が近しい。

繕われた衣服を受け取られた皆さん、とても嬉しそうな笑みを。
より愛着を込めて身につけていただたら、こんなに喜ばしいことはありません。

おでかけくださった皆さま、橋のしたさん。本当にありがとうございました。


2013.06.06 | | おしらせ

暮らしの手習い・ゆくら室  「 いのちのスープを味わう 」


 暮らしの手習い・ゆくら室

 「  いのちのスープを味わう - 酷暑に備える、茄子と大麦のスープ - 」


ぬくもりある想いと食と通して、日本の風土や食文化の大切さを伝えゆく、料理家・
辰巳 芳子さんに師事し、スープを学ばれた、阿部キミ子さんをお迎えします。

夏の暑さのさなかも、自身や家族の心身をいたわれるようなスープを。
身体のほてりを鎮める茄子、滋味ゆたかな大麦、ベーコンの旨みが一体となった、
「茄子と大麦のスープ」。
スープの製作過程を拝見し、出来上がったスープをいただきながら、四季に寄り添う
食と暮らしの在り方について学びます。


  日時: 7/10(水) 11:00-13:00  ※予約制
  講師  食と健康アドバイザー 阿部キミ子 さん
  会場: wasanbon ( 仙台市青葉区東照宮1-7-16 )
  参加費: \2300 ( スープの試食付 )

 
 
 満席に至り、受付を終了いたしました。お申込、ありがとうございます!

 キャンセル待ちのお申込はコチラ→ 
 

 お申込いただき後、確認のメール(もしくは、お電話)をさせていただきます。
 3日程たっても返信がない場合は、連絡を受けかねている可能性もござい
 ますので、お手数でありますが、再度のお申込をお願い致します。
 準備上、お申込後のキャンセルは、前日・午前中までとさせていただき、
 それ以降の場合は参加費の半額を頂戴申し上げます。


2013.06.06 | | おしらせ

«  | HOME |  »

プロフィール

wasanbon

Author:wasanbon
「wasanbon」

仙台のアトリエ→北海道へ。
畑と暮らし。

足ることを知る。
在るものを生かす。
つながりを巡らす。

日常と非日常に備えた
暮らしの在り方を
探索してます。

■ twitter
http://twitter.com/#!/wasanbon1116

■ facebookページ
https://www.facebook.com/wasanb0n

月別アーカイブ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。