スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「 みらいサンタ 」 終。



「 おおきくなったら、どんなまいにちがたのしい? 」


ufuken ufu屋Cafe さんとのコラボ企画。
「みらいサンタ」。

wasanbon・「こども.」 で。
そして、ufu研さんへ寄せられた、こどもたちが描く未来。
宵の ufuken ufu屋Cafe さんに集い、こどもたちの想いに向き合う大人たちは、みらいサンタさん。

ufuken ufu屋Cafe のkenさん・Meiさん。わたしからの、この度の企画の説明・主旨についてお話を
させていただいた後、手紙が詰まったサンタ帽を、皆さんの手元へぐるり。
自己紹介とともに、手にしたこどもたちからの手紙を読みあげていただきました。

20140304mirai.jpg

20140304mirai3.jpg


こどもたちの、‘ たのしい未来 ’。

「 どうぶつとおしゃべりできるまち 」
「 野球選手になりたい 」
「 みんながケンカしないまち 」

やってみたいこと。なりたい職業。彩られた世界。
可愛らしい発想や、深く頷く願いの丈。
こどもたちの想いを受け留める、みらいサンタさんたち。


20140304mirai2.jpg

傍らには、ufuken ufu屋Cafe さんがご用意くださった、もっちりと味わい深いベーグルと
ドリンク。まんまるベーグルは、「 世界が◎くなるように 」 とメッセージを込めて。


皆で話し合ったり。思い悩んだり。
分かち合いの後、それぞれが受け取った手紙と向き合う時間。
こどもたちの願いに、一心に注がれる集中力。
漂う空気は、とても静かで。そして、強い。

20140304mirai4.jpg

書き上げたお返事を、みらいサンタさん皆で発表会。

20140304mirai5.jpg


こどもたちの「 たのしいまいにち 」へ向けて綴る言葉は、自身に蒔く種。

「 どんなことを書いたら、読んだ子がしあわせな気分になれるだろうと、すごく考えた。 」
「 返事を書きながら、しあわせなきもちになれた。 」
「 大人の方が癒されるね。 」

こぼれ出す、たくさんのやさしい言葉。
空間を満たす、あたたかい空気。

企画終幕後も kenさん・meiさんと、余韻の中で尽きない話。
「いい時間だったね。」と、何度も何度も。

みらいサンタさんから綴っていただいたお手紙はお預かりし、季節のお花の切手を添えて、
こどもたちのもとへ。

後日、「こども.」へ手紙を届けてくださった、おかあさんから 「 届いたよー! 」報告が。
小さな身体に、どんな想いがほころんだことだろう。


ご参加の皆さま、ufuken ufu屋Cafe さん。
あたたかく染む夜を、本当にありがとうございました。








スポンサーサイト

2014.03.26 | | みらいサンタ

「 こども. 」 終。



3月に入るも、かじかむ寒さ。
空模様は、朝から雪まじり。

第2回目の 「 こども. 」(こどもてん)は、こども店主がお迎えするマーケット。
ちいさな指先と交わす、未来と世界。

寒さの中、おでかけいただいた皆さま。
ご出展のこども店主の皆さん。お父さん・お母さん。本当にありがとうございました。


20140302codomo.jpg

到着早々、焚き付けをはじめる「 出張フダマキトミチル 」くん。
ロケットストーブは、暮らしの手習い・ゆくら室で、マキトくんのお父さんが製作してくれた
もの。玉こん屋さんとして、3回目のご出展です。
数日前には、フダ家には新たな生命の誕生という、嬉しいご報告も。


20140302codomo2.jpg

20140302codomo3.jpg

House of Snake&ふつきぱん さん おやこ。
おかあさんが焼き上げる、自家製酵母の味わい深いパンの傍らで、House of Snake
店主のひまりちゃんは、可愛らしい模様のヘビたちのセーターづくりワークショップを。
色とりどりの花やヘビの帽子も紡がれて。

20140302codomo5.jpg

20140302codomo4.jpg

山形・新庄から、カフェフクダエン さん おやこのご出展。
お父さんが点てた、あたたかな抹茶・抹茶ラテに添えらえるのは、お母さんが焼き上げる
ブラウニー。
家族が織りなすおいしさを手渡すのは、看板娘ハルちゃん。


この日、ご出展予定であった、あい農園 (三浦農園)さん おやこ は、園主・あいちゃんの
発熱により、お休みに。
熱がありながらも出展したがってくれていたと伺い、またの開催を想う次第です(;;)


20140302codomo6.jpg

「 おおきくなったら、どんなまいにちがたのしい? 」

「 こども. 」と連動企画の、「 みらいサンタ 」。
こどもたちが願う未来を、お手紙に。アトリエ内のポストに。

20140302codomo7.jpg

 ・・・。  どんな答えが寄せられるでしょう。


20140302codomo9.jpg


ストーブの上で保温した玉こんにゃくの傍らで、焼き芋。
紫色の安納芋に、こども店主たちは大喜び。
仲良くなった店主たちは、上着も脱ぎだして外へ駆け出しに。
「こどもは風の子」を体現するような、エネルギー。



おおきくなったら。
どんな大人になっていくだろう。

微笑ましく、気持ちがほころぶあたたかさ。



2014.03.26 | | こども.

これまでの予定 ~ 3/31



■ 3/2 (日)  「 こども. 」


20130309こどもてんロゴ


第2回目の 「 こども. 」(こどもてん)は、
こども店主がお迎えする、マーケット。

ちいさな指先と交わす、未来と世界。


 ■ 出展者さん

   ◇ あい農園 (三浦農園)さん おやこ 
   ◇ カフェフクダエン さん おやこ
   ◇ House of Snake&ふつきぱん さん おやこ 
   ◇ 出張フダマキト ( 玉コン )


  11:00 - 15:00 wasanbon にて。(青葉区東照宮1-7-16)   




■ 3/4 (火)  「 みらいサンタ 」


みらいサンタ


「おおきくなったら、どんなまいにちがたのしい?」

3/2 wasanbonでの 「こども.」。
あそびにきてくれたこどもたちに、願う未来を描いていただきます。
宛先は、' みらいサンタさん ’ へ。

3/4・宵。ufuken ufu屋Cafeへと脚を運ぶあなたは、みらいサンタさん。
やさしいおいしさを傍らに、こどもたちの願う未来にお返事を綴りましょう。
ハガキを手にする、こどもたちの笑みを想い浮かべながら。

「たのしいまいにちを、すごせるように。」
ちいさな指先が描く世界に応える、
おおきくなったわたしたちの、未来へのはたらきかけ。



  会場:  ufuken ufu屋Cafe さん  19:00-20:30 
  参加費: 1,000円(パンとドリンク付。当日お持ちください。)
  お申込み・お問い合わせ
     info@ufu8.comまでメールにて、お名前と電話番号(携帯)をお知らせ下さい。
     またお電話でのお問い合わせは、TEL/ 022-211-8813 までお願いします。


 



■ 3/14 (金)   「 心〜ククル〜UAやんばるLIVE 」 映画会


20140314yanbaru.jpg


沖縄本島北部・東村高江。
やんばるの森には、地球上でここだけにしかいないヤンバルクイナやノグチゲラなど貴重な
固有種が生息しています。 アメリカ軍で唯一のジャングル訓練場だったことによって、
皮肉にも奇跡的に残された森は、1996年のSACO合意により一部返還されました。
今、人間より遥か大昔から続いてきたやんばるの自然が、人間の手によって破壊されよう
としています。
やんばるの森を守りたい。その想いが 『 SAVE yanbaru 』 というひとつのアクション。
やんばるの森は、私たちに考えることのきっかけを与えてくれています。

2007年10月31日、 やんばるの森に、300人のオーディエンスを集めたUAさんのライブ。
RICE PAPER「88」さんが、この日のライブをメインに、トークセッションやヘリパッド問題など
詰め込んだ映像。
紡がれた数々の想い、声をお届けします。


上映会の売上は、沖縄・高江の「 ヘリパッドいらない住民の会 」さんに繋がせていただきます。



日時: 3/14(金) 19:30- 
会場: パタゴニア仙台 さん ( 仙台市 青葉区中央2-5-6 )
参加費: ¥1.000 ※ 高校生以下の子たちは、ドネーション。
お申込・お問合せ → 



■ 3/23 (日) 「 風土市・第二十九座 」 11:00-16:00 open


foodichimini.jpg


 ■ 出展者さん

   ◇ 本沢3丁目パン工房 さん ( 長時間発酵パン )  
   ◇ 芦田珈琲 さん ( 無農薬・無化学肥料 カフェインレスのコーヒー豆 )
   ◇ ネットワーク農縁 さん ( 在来のお米・さわのはな。米粉・米麺 )


・ パン工房ゆがふ さんの、やさしい素材のオートミールクッキー。
・ 「飲む点滴」とも謳われる、溢れる滋養。麹とお米のやさしい甘み。天賞あまさけ。
・ 蔵王ウッディファーム さんの、果樹園が手がけるドライフルーツ。
・ 手づくりパンNOUKA さんの、旬の味わいが詰め込まれたジャム。
・ 「 料亭のような味わいを、家庭でも。」 かつをぶし池田屋 さんの、削り節やだし昆布。
・ 穀物のゆたかな恵み。たなつもの さんのオイル・雑穀。
・ アトリエみ さんの、こころ弾む 手ぬぐい。ベビーエプロン、箸袋。
・ 役目を終えた果樹から、生まれる器。くだものうつわ さんが手がける、木の器。
・ 福島からのメッセージ。LIFEKUさんの、ピンバッチ・ポストカード・スケッチブック。
・ りんご野さんの、福島のこどもたちが描いたポストカードなどの、チャリティグッズ。
・ 暮らしと食卓を彩る、あたたかみのある器たち。
 ( 八木山陶芸工房 さん、パルメット さん、ゑみし窯 さん )
・ オムスビ さんの、石巻の大漁旗を用いた、手編みのブレスレット。
・ モノノケワークス さんの、木のきのこちゃん。鳥のまな板。
・ 気仙沼のおかあさんが編み上げた、オーガニックコットンのベビーシューズ。
・ ミリワークスさんの、色とりどりのこぎん刺しのくるみボタン・ピン。


    end more.  


:: 布を募集しています!

 「 まめまめ手仕事プロジェクト 」 さんより。
 中野チームはぎさんが、防災頭巾をつくる為のキルティング布、小物づくりの
 布を募集しています。柄・大きさは問いません。
 ハギレでもOKですので、ご持参いただけませんか。

:: マイバックのご持参をお願いします。
:: 駐車場はございません。危険ですので路上駐車はご遠慮いただき、お近くのコイン
   パーキングをご利用下さいませ。

 


■ 3/30(日)・31日(月) 「 ハルユキノシタ・12th 」

art firld khayaくぅか さんにて、美味しいもの&ハンドメイド市。
10 ~ 17時 open。
wasanbonでは、麩のラスクをお持ちします。

仙台市青葉区柏木1-3-37-1F右(柏木生協すぐ裏)
tel: 022-276-1130



2014.03.23 | | おしらせ

ネットワーク農縁さんに、きいてみる。



陽だまりのような、あたたかなあたたかな空気を纏うその人は、
自らを「百姓」と語る。

「 百姓は、百人の女の人が生きると書くだろう?」

その身に生命を宿す女性たちが、こどもたちが、皆が。
おいしさの中に、安らぎがあるよう。

今日も向き合っている。
自然のうつろいに。作物の声に。人の想いに。


ネットワーク農縁 代表の 高橋 保広さんに、想いをお伺いしました。




20120602taue4.jpg


Q : ネットワーク農縁さんは、日々どのようなもの・ことを手がけていますか?

 - 遺伝子組み換え作物を作らず、安心安全でおいしい農産物を生産する。
  現在の地球環境の悪化を憂い、有機栽培、無農薬・無化学肥料栽培、低農薬栽培など、
  地球生態系にやさしい農産物等の「生産~流通~消費」に携わる生産者と消費者との
  連携グループです。

Q : 当日は、どのようなものをご出品の予定ですか?

 - 無農薬で育てた、山形の在来種のお米・さわのはな。さわのはなの米粉。米麺。


Q : 食べ手さんに伝えたいことは、どんなことでしょう?

 - 農薬を使わない有機農法は大変ですが、永くこの農法を続けてこられたのは、
  「おいしい!」と言ってくれる方々とのつながりの賜物だと思っています。
  手間ひまかけたこだわりの農産物は、大量生産では決して作れない味と自信を持って
  言えます。
  ぜひ一度食べてみてください。
  皆さんからの応援が、生産者の大きな励みとなります。   



2014.03.21 | | 風土市

芦田珈琲さんに、きいてみる。 2014



香り立つ匂い。
こころをほぐす、ひととき。

口に含む、おいしさ。
その1杯の向こうに在る世界。
その1杯と繋がる世界。


芦田珈琲 さんに、「 今 」 の想いをお伺いしてみました。


◆ 「 芦田珈琲 さんに、きいてみる。 」 

◆ 「 芦田珈琲 さんに、きいてみる。 その2 」 

◆ 「 あらためまして、芦田珈琲さんに、きいてみる。 」 

◆ 「 芦田珈琲さんに、きいてみる。 2013 




asida.jpg


Q: 芦田珈琲さんは、日々どのようなもの(こと)を手がけられていますか?

 - コーヒー豆を焙煎しています


Q: 素材を選ぶ目線、そこにある想いを教えていただけますか?

 - コーヒーの生豆をつくる生産者や生産地の背景を感じられるものだけでつくりたいのですが、
  味との兼ね合いがあり、なかなか簡単にはいきません。
  ですが、お客様がそういったコーヒー豆を選んでくださると、継続してそういった生豆を選ぶ
  ことが出来るので、お客様が道を開いてくれています。


Q: 最近、触れた、おいしいものや情景があれば、教えてもらえますか?

 - 仕事が忙しくなると、食生活をはじめ、暮らしが乱れることを実感しています。
  暮らしが乱れると心も穏やかではなくなります。
  基本は日常の暮らしだとずっと思っています。

  自分で選んだ食材で、自分でつくったお料理が今は一番好きです。
  ほかのひとがおいしくないと言っても。

  自分の暮らしや、自分の心の基礎がかたまらないと、外からの刺激にいつまでもグラグラ
  揺らいでしまうのではないでしょうか。

  豊か、という心持ちでいられることが、おいしいにつながると思います。


2014.03.21 | | 風土市

カフェフクダエン おやこさんの、「こども.」



明日の 「こども.」 。
山形・新庄の カフェフクダエン さんが、あたたかな抹茶と抹茶ラテを点ててくださいます。
こっくりとした甘さの黒蜜入りバージョンも。

看板娘は、ハルちゃん。9歳。 (ユータくん・6歳は、お留守番とのこと。)
すきな食べものは、マシュマロ。たこ焼き。
新庄市・精華飯店のチャーハン。
おおきくなったら、パティシェになりたいそう。


明日は、おとうちゃん・おかあちゃんの、お手伝い。
ちいさな手のひらから受け取る、おいしさと想い。



20140302kodomo5.jpg


 風土市 : 「 カフェフクダエン(お茶の福田園)さんに、きいてみる。 」。




2014.03.01 | | こども.

«  | HOME |  »

プロフィール

wasanbon

Author:wasanbon
「wasanbon」

仙台のアトリエ→北海道へ。
畑と暮らし。

足ることを知る。
在るものを生かす。
つながりを巡らす。

日常と非日常に備えた
暮らしの在り方を
探索してます。

■ twitter
http://twitter.com/#!/wasanbon1116

■ facebookページ
https://www.facebook.com/wasanb0n

月別アーカイブ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。