スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

これまでの予定 ~6/18



    水無月



■ 6/1(日) むらやまリュックサックマーケット @山形・村山市

村山市楯岡商店街、五日町公園、十日町ポケットパーク
10:00-15:00




■ 6/8(日) 縁側ごろつき市 @山形・村山市


 つくった人が、売る人
 「縁側ごろつき市」

最上徳内記念館 : 村山市中央1-2-12(村山市役所隣り)
10:00-16:00




■ 6/11(水) 「 ひよりあい 」 19:00-21:00 open

わからないから、わかち合う。
先生も正解もありません。
各回テーマを設け、暮らしの声をお持ち寄り。

いつもの生活からできること。行っていること。
日常に非日常に備えた暮らしの在り方を、皆でわかちます。

第3座 「 身体は資本 」

参加費¥500(1drink) 
※2杯目以降はオーダーとなります。
フード持ち込み自由。
お子さんとも、ご参加いただけます。
太陽光バッテリーシステムで蓄えた明かり、LED照明、キャンドルを主な光源とし、
お手元は暗めです。




■ 6/14(土)  暮らしの手習い・ゆくら室 「 庄内刺し子のくるみボタンづくり。 」


20140614sasiko.jpg


庄内刺し子。
そのひと刺しひと刺しに込められた、土地の歴史と想いの丈。
庄内刺し子教室・飯塚咲季さんをお迎えし、庄内刺し子のくるみボタンの製作ワーク
ショップを開催します。
2種の刺し子の柄のうちから1種をお選びいただき、大きなくるみボタンを1つ製作。
ちくちくと彩った生地を、ころんと可愛らしいくるみボタンに。
衣服の彩りや髪留め、ブローチなど、暮らしに手仕事の愛おしさを。


日時:   6/14(土) 10:30-12:00   ※ 予約制
講師:  庄内刺し子教室・飯塚咲季さん
会場:  wasanbon ( 仙台市青葉区東照宮1-7-16 )
参加費:  ¥1.500 ( 製作費・お茶つき。)
持ち物:  糸切りはさみ、指ぬき。 ※刺し子用針は貸し出しとなります。




■ 6/15(日)  暮らしの手習い・ゆくら室 「 冷えとりことはじめ。 」

hietori.jpg


万病のもととも言われる「冷え」。
身体のさまざまな不調は、冷えから引き起こされているものかもしれません。
「冷えとり」をテーマに、冷え取り生活暦6年の及川晶子さんを
お迎えし、身体をあたためる食事や入浴法、冷えとり靴下など、
心身にぬくもりを届けるお話し会を開催します。


  日時:  6/15(日) 11:00-12:30  ※予約制
  講師:  あこの和 及川 晶子 さん
  会場:  wasanbon ( 仙台市青葉区東照宮1-7-16 )
  参加費: ¥1.500 ( 身体にやさしい軽食付 )
  持ち物: 筆記用具   

 ◆ 及川晶子 ( おいかわ あきこ ) さん

 石巻市在住
リマクッキングスクール卒業
穀物菜食料理講師、
靴下の重ね履きする冷えとり健康法の靴下の販売とアドバイス
ワークショップのインストラクター、カードリーディングなど
ココロとカラダが喜ぶヒントを伝えています




■ 6/18(水) 「 ひよりあい 」 19:00-21:00 open

わからないから、わかち合う。
先生も正解もありません。
各回テーマを設け、暮らしの声をお持ち寄り。

いつもの生活からできること。行っていること。
日常に非日常に備えた暮らしの在り方を、皆でわかちます。

第4座 「 おうち発電所部 」

参加費¥500(1drink) 
※2杯目以降はオーダーとなります。
フード持ち込み自由。
お子さんとも、ご参加いただけます。
太陽光バッテリーシステムで蓄えた明かり、LED照明、キャンドルを主な光源とし、
お手元は暗めです。




■ 6/22(日) 「 風土市・第三十二座 」 11:00 - 16:00 open


foodichimini.jpg


  ::  出展者さん  ::

・ 佐藤商店 さん ( ナチュラルフード、ナチュラル雑貨、仮設の皆さんの手作り品)
・ はりーのまふぃん さん ( 身体にやさしいマフィン )
・ あい農園 さん ( 季節のめぐみあれこれ )

 おばあちゃんになるまで触れていたい
 こどもたちに手渡したい
 ぬくもりあるおいしさや手仕事を、お迎えします。

・ 本沢3丁目パン工房さんの、長時間発酵の滋味深いパン。
・ 芦田珈琲 さんの、無農薬・無化学肥料/カフェインレスのコーヒー豆。
・ 「飲む点滴」とも謳われる、溢れる滋養。麹とお米のやさしい甘み。天賞あまさけ。
・ 蔵王ウッディファーム さんの、果樹園が手がけるドライフルーツ。
・ 手づくりパンNOUKA さんの、旬の味わいが詰め込まれたジャム。
・ 「 料亭のような味わいを、家庭でも。」 かつをぶし池田屋 さんの、削り節やだし昆布。
・ 穀物のゆたかな恵み。たなつもの さんのオイル・雑穀。
・ アトリエみ さんの、こころ弾む 手ぬぐい。ベビーエプロン、箸袋。
・ 役目を終えた果樹から、生まれる器。くだものうつわ さんが手がける、木の器。
・ 福島からのメッセージ。LIFEKUさんの、ピンバッチ・ポストカード。
・ りんご野さんの、福島のこどもたちが描いたポストカードなどの、チャリティグッズ。
・ 暮らしと食卓を彩る、あたたかみのある器たち。
 ( 八木山陶芸工房 さん、パルメット さん、ゑみし窯 さん )
・ オムスビ さんの、石巻の大漁旗を用いた、手編みのブレスレット。
・ モノノケワークス さんの、木のきのこちゃん。鳥のまな板。
・ 気仙沼のおかあさんが編み上げた、オーガニックコットンのベビーシューズ。
・ ミリワークスさんの、色とりどりのこぎん刺しのくるみボタン・ピン。


    end more.  

スポンサーサイト

2014.06.30 | | おしらせ

風土市 preview



明日の風土市に向けまして。
新入荷情報です=3

noukajam.jpg

山形からの、お持ち帰り。
手づくりパンNOUKAさんのジャム。
レモンマーマレードに加え、いちごジャムが入荷しました!


tane.jpg

農薬や化学肥料を不使用で栽培•採種された、自家採種可能な固定種の野菜の種。
再入荷です。
いんげんやミニにんじん、きゅうりなど。
夏から秋口にかけて蒔き時のものを揃えました。


kunseidoufu.jpg

秋田・手造り工房 しらたきさんの、くんせい豆腐。
wasanbonに入荷しますー! 宮城、初上陸とのこと。
口の中に広がる、どっしりと味わい深い旨みと香り。
少量ですが、明日の風土市にも並びます。


kunseiz.jpg

親愛なる、お酒好きの皆さま。
最強タッグです。


おでかけを、お待ちしております*


2014.06.21 | | 風土市

はりーのまふぃんさんに、きいてみる。



頬張り、噛みしめる。
広がるのは、やさしい甘さ。
たゆたう想い。

口を大きく開けて。
心を添わせて。


はりーのまふぃん さんに、おいしさの素をお伺いしました。



0622mafin2.jpg


Q:  はりーのまふぃんさんは、日々どのようなもの(こと)を手がけられていますか?

 - バター・卵・牛乳を使わず、有機豆乳とグレープシードオイルで焼いたマフィンを販売
   しております。

Q:  その手仕事をはじめられたのは、どのようなきっかけや想いからですか?

 -  内緒

Q:  当日はどのようなものをご出品のご予定ですか?

 -  豆乳のマフィンを5種類と、自家製グラノーラをお持ちします。

Q:   「おいしい」って、どんなものでしょう?

 - 心が満足するもの。

Q:  食べ手さんに伝えたいことは、どんなことでしょう?

 -  笑顔で食べて貰えたら幸せです。

Q:  最近、触れた、おいしいものや情景があれば、教えてもらえますか?

 -  ドライいちじくをよく食べています。

Q:  これから手がけていきたいことは、どのようなことですか?

 -  マフィン以外のおやつも焼いてメニューに加えてみたいなぁと思っています。


0622mafin.jpg



2014.06.19 | | おしらせ

佐藤商店さんに、きいてみる。



代々、培われてきた風景。
そよぐ、新しい風。

在りつづけるもの。
変化をしていくもの。

訪れのたのしみ。
そして深呼吸のような安堵が、いつもそこに。

佐藤商店さんに、想いをお伺いしてみました。




20130309satoh.jpg


Q: 佐藤商店さんは、日々どのようなもの(こと)を手がけられていますか?

 - 野菜・食料品の他にお酒、日用品を扱っています。
  最近は、自然派ワイン、こだわりの日本酒、フェアトレード・オーガニック食品の
  取り扱いを少しずつ増やしています。

Q: その仕事をはじめられたのは、どのような想いやきっかけからですか?

 - 5年前の長男の妊娠出産が大きなきっかけになりました。
  子どもに安心して食べさせられる、食べさせたいものを選んできました。
  そして、震災もまた2度目の大きなきっかけになりました。

Q: 当日はどのようなものをご出品のご予定ですか?

 - まめまめ手仕事プロジェクトで応援している手仕事品、今お店で人気の商品、
  これからの季節にオススメの食べ物、飲み物、雑貨をお持ちします。

Q: 最近触れたおいしいものや情景があれば教えてもらえますか?

 - 昨日食べたアボガドとパプアニューギニア海産さんのエビのパスタ。
  使った材料全てが手がけた人の顔の見えるもので、家族みんなでおいしいねって
  食べることに幸せを感じました。

Q: これから手がけていきたいことは、どのようなことですか?

 - 引き続き、みなさんに喜ばれて、自分も自信を持っておすすめできるものを扱って
  いきたいですし、ご来店いただいたお客様にほっとしてもらえたり、元気になってもら
  えるようなお店作りをしていくことが目標です。


2014.06.19 | | 風土市

あい農園さんに、きいてみる。



地中に降ろす根は、深く広がり
支え、作用しあう
目に見えずとも。

それは
心のように
人のように




小さな園主・あいちゃんは、8歳。
お父さん曰く、「 自分よりも専門書を読んでいる。」そう。

ある日、お父さんとwasanbonへ。
アトリエ内に並ぶ、数々ある野菜の種の中から、あいちゃんが選んだ種は、
イタリア産の赤玉ネギ。
畑の全貌が気になります。

あい農園・園主、あいちゃんにお伺いしてみました。



20140302kodomo4.jpg


Q: あい農園さんのこと、おしえていただけますか?

 - 少しせまい畑です。

Q: 当日はどのようなものをご出品のご予定ですか?

 - 季節のめぐみあれこれ。甘酒などいろいろ(三浦農園協力)

Q: 宝物は何ですか?

 - トラ(ねこ)、同級生にもらったストラップ

Q: 家族での1番の思い出は、どんなことでしょう?

 - カモが100羽くらい来たこと。

Q: 大人って、どんなイメージ?

 - 少しこわい感じです。

Q: どんな大人になりたい?

 - やさしいもの知りな大人

Q: おおきくなったら、どんなまいにちがたのしい?

 - 本を読むことです。






2014.06.19 | | 風土市

暮らしの手習い・ゆくら室 「 冷えとりことはじめ 」・終。



暮らしの手習い・ゆくら室 「 冷えとりことはじめ 」。
冷えとり生活歴6年の、あこの和 及川晶子さんを講師に、あたたかさを帯びた
暮らしのご提案を。

「 冷え 」 と一口に行っても、冷え症という括りではなく、上半身と下半身の温度差
があること。
たいていの人は、下半身の方が体温が低くなっています。
また、心がめいってしまったり、苛立ってしまうことも、一種の冷えと考えられてます。
心身の冷え・毒出しを手助けしてくれる、冷えとり靴下・半身浴・食事を、及川さんが
丁寧に解説。

20140615hietori.jpg


お話の傍らに、穀物菜食料理講師もつとめられている及川さんが手がけてくださった
試食を。
3分づき米に、アーモンドやくるみをあわせた、おむすび。
そして、麹と醤油で一夜漬けにされた漬け物。
身体にやさしく染み入ります。

20140615hietori2.jpg


冷えとりはじめ後の身体の変化。瞑眩や、その対処。
靴下は、靴は、どんなものを?
半身浴中の時間の過ごし方は?
冷えとりさんが集うと、お話しが付きません*

わたしも、冷えとりビギナーの身として、たのしい学びばかりです。
あたたかな場を、ありがとうございました!





2014.06.19 | | ゆくら室

暮らしの手習い・ゆくら室 「 庄内刺し子のくるみボタンづくり。 」・終。



after くるみラジオ。
「 くるみ 」 をキーワードに。

山形から 庄内刺し子教室・飯塚咲季さんをお迎えし、暮らしの手習い・ゆくら室。
「 庄内刺し子のくるみボタンづくり。 」

歴史・土地の育みの結晶。
庄内刺し子に込められた、人々の想い。

庄内地方は日本海側に港を有したことから京都との船の交流があり、綿が入荷したこと
が特色の1つ。
また、藩が厳しく、派手な装いなどを禁じていた時代。
藍の生地に、白の糸の刺し子は目立ってしまう。
そこで、刺し子を終えた生地を藍で染め上げ、纏い続けるうちに浮かび上がってくる糸の
本来の白さの表れを、美とみなしたそうです。
日本ならではの感性の美しさ。繊細さ。

20140614sashiko6.jpg

庄内刺し子の見本帳。
模様の傍らに綴られた文字も、刺し子!


今回は3種類の模様の中から、お好みのものを1つ。
刺し子で彩った生地を、くるみボタンに仕上げます。

20140614sashiko2.jpg

刺し子が仕上がった方から、生地をくるみボタンへ。

20140614sashiko4.jpg

ころん。と飛び出したくるみボタンに、歓声。
ボタンにすることで、なお引き立つ、刺し子模様の愛おしさ。


20140614sashiko5.jpg

くるみボタン全員集合!


こぎん刺しや羊毛、ハワイアンキルトや染色など、普段から暮らしに手仕事がある方が
多く、琴線が近しい方が集う場、あたたかな賑わいが。
ご参加の皆さま、飯塚さん。和やかな時間を紡いでいただいて、ありがとうございました。


2014.06.19 | | ゆくら室

ひよりあい 「 身体が資本 」・終。



20140611hiyoriai.jpg


わからないから、わかちあう。
暮らしの声のお持ちより。
日々・人の寄りあい。

4回目の、ひよりあい。
テーマは「身体が資本」。

健やかであるために、日々の心がけや習慣。
薬・病院の選び方。
心と体のつながり。関わり。共振する作用。
また、男女における「健康」の捉え方、
年齢を重ねることで注視する事柄も。

営みの基礎。行動の根幹となる、身体。
毎日あたりまえのように付き合う身体に、目線と意識を。

あらためて、背筋が伸びるような想い。
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。


2014.06.19 | | ひよりあい

縁側ごろつき市・終。


前週につづき、山形県・村山市。
縁側ごろつき市へのおでかけは、4回目。

会場の徳内記念館。
趣ある建物。縁側に面した内庭は、緑の芝生に覆われて。
たおやかな空気感が、そこに。
笑み溢れるひとときが、いつもそこに。
縁側ごろつき市へ、おでかけ風土市。
とびきりの心地よさ。


20140608gorotuki.jpg


天気の揺らぎがある中も、昼過ぎからは夏を想う陽射し。
そして、縁側ごろつき市のおしまいを待っていたかのように、終幕後の雨振り。
空模様に味方されたかのように。守られるように。


いつもあたたかく迎えてくださる、山形の皆さん。
ありがとうございます。
また来ます*


20140608gorotuki3.jpg

宮城への帰路、肉そば&げそ天。
美味しかったーー!




2014.06.19 | | おしらせ

まける米・田植え。



震災に負けるまい。
風化に負けるまい。


20140607makerumai3.jpg


「田植えがしたい。」
炊き出し先の、仙台・六郷地区は、美しい水田風景が広がっていた場所。
避難所の方からあげられた声。
想いへの応え。寄り添い。
山形・新庄のネットワーク農縁さんが開催される、4年目の「まける米」の田植え。

20140607makerumai2.jpg

20140607makerumai.jpg

宮城から。東京から。
そして、新庄市のこどもたちや高校生。
皆、裸足になったり、ぬかるみに脚をとられたり、
1つの水田を囲んで、沸き立つ歓声と笑い声。
今年も、山形の在来米・「さわのはな」を無農薬で栽培。

20140607makerumai4.jpg

田植えの後は、水路でじゃぶじゃぶ。

温泉に浸り、皆で囲む夜ごはん。
ネットワーク農縁のおかあさんたちが、土地のものを使って手がける、あたたかなおいしさ。
おなかが、はちきれそう!

20140607makerumai5.jpg



' 4年目のまける米への想いは? ’
春頃に、ネットワーク農縁・代表の高橋さんに伺ってみた。

「ますます必要だ。ますますやらなきゃな。」 と。

収穫後、お米を販売した売上は、震災を風化させない為のお話会等の開催へ。


行動。そして継続。
おてんとさまのような、あたたかさに。力強さに。
救われてきたのは、わたしも同じ。





2014.06.19 | | おしらせ

20140604 くるみーてぃんぐ。



前回の訪れ、目に映ったのは冬景色。
久しぶりの、森と風のがっこう。

20140604kurumi.jpg

鳥や虫の音色の湧き立ち。陽射しの眩しさ。
夏のよう。

くるみラジオ公開収録フェス後、初めて皆で顔をあわせる、くるみーてぃんぐ。

20140604kurumi3.jpg

フェスの振りかえり。
次の大MAGROCKに向けて。
これからのこと。

想いを 言葉を。
交わし、重ね。


20140604kurumi2.jpg

くるみーてぃんぐにと焼き上げたおやつは、くるみ入りクッキー。
名付けて、ちびくるみん。

20140604kurumi4.jpg

みーてぃんぐ後は、森へ!
躍動する緑。光の呼吸。
森と風と、戯れ。



会いにいくラジオ。
くるみラジオ。

次は、青森へ。
大MAGROCKへ。
会いにいくよ。

20140720oomagkurumi.jpg

くるみラジオ → 




2014.06.16 | | くるみラジオ

むらやまリュックサックマーケット・終。



手しごと市、終了後。
いざ北へ。村山市へ。
温泉・おいしいごはんと、ふくよかなひとときを過ごし、
村山市のリュックサックマーケットに出展。
この日も、山形は30℃越えの夏日。
テントの下で、今回はレコード&焼き菓子屋さんとして出展の、手づくりパンNOUKAさんと。

20140601murayama.jpg

隣からは、ラジオ体操や(松田)聖子ちゃん。
向こうに見えるファミコンブースからそよぐ音は、スーパーマリオ。

20140601murayama2.jpg

裸足になって芝生の感触を楽しんだり、
おいしいものをわかち合ったり、
おなかいっぱいになって寝転んだり。
去年の参加時同様、ピクニックのような趣。たのしさ。

出展者さんと物々交換。
嬉しい戦利品たち。

20140601murayama3.jpg

お会いできました皆々さま、ありがとうございました!

今年から、むらやまリュックサックマーケットは、11月まで毎月の開催。
企みごとたのしさも広がっていきそうです。 

むらやまリュックサックマーケット → 



2014.06.16 | | おしらせ

手しごと市・終。



20140531tesigoto2.jpg

気温は30℃に手を伸ばし、夏日を迎える山形。
おでかけ風土市は、山形市へ。
手しごと市へ、はじめての出展です。
お声掛けいただきまして、ありがとうございました。

芸工大の裏手の、悠創の丘内 悠創館が会場。
普段は、絵の展示などもされているそう。
天井が高く、天窓から注ぐ光。
外の日射しと一線を隔て、おだやかながら凛とした空気。
会場には、手を想いをかけられた、おいしさや品々が。

20140531tesigoto.jpg

慈しまれた手仕事。
手仕事を愛おしむ人。
想いと人が集う場は、唯々あたたかく。やわらかく。

和やかな1日を、ありがとうございました。


2014.06.16 | | おしらせ

ひよりあい・「 情報の選択 」 終。



20140528hiyori.jpg


わからないから、わかちあう。
暮らしの声のお持ちより。
日々・人の寄りあい。

ひよりあい・第三座のテーマは「情報の選択」。

例えば、インターネットや新聞。テレビ。ラジオ。
数々のツールから、湯水のように流される情報。
選択・線引きにおける、それぞれの目線。距離感。
テレビはほとんど見ないという方。
配信されてくるメルマガなどは取得せず、自ら必要と思うものを得ていく姿勢の方も。

また、山などに行かれる方のお話として。
雲の流れや、天気のうつろいの気配。
その場所で生きていく為に、自ら掴みとっていくものも、情報。
情報=直観・感覚という切り口も。
震災時、直観による行動によって危機を免れたという方もいらっしゃいました。

「情報」というキーワードからの膨らみ。
そして、全体的に一致するのは「信頼できる情報は、信頼する人から」。
つながりによる、関わりの育み。
第一座・「 わたしの自給率は?」 と通ずる、話題の展開が。

触れる多様性。価値観。
ご参加の皆さま、ありがとうございました。



2014.06.12 | | おしらせ

«  | HOME |  »

プロフィール

wasanbon

Author:wasanbon
「wasanbon」

仙台のアトリエ→北海道へ。
畑と暮らし。

足ることを知る。
在るものを生かす。
つながりを巡らす。

日常と非日常に備えた
暮らしの在り方を
探索してます。

■ twitter
http://twitter.com/#!/wasanbon1116

■ facebookページ
https://www.facebook.com/wasanb0n

月別アーカイブ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。