アクセスバーズ体験会のおしらせ。



お世話になっている、津和野の「 糧 -72recipes project- 」にて、
今年もアクセスバーズの体験会をさせていただきます◎

https://www.facebook.com/events/400738680699898/

昨年、体験会に参加してくださった皆さま、糧の皆さま、
いつも本当にありがとうございます<(_ _)>


そもそも。
アクセスバーズとの出会いは、北海道在住時。
傍にいる人の苦しさや悲しさを、いかにやわらげていくかを模索していた頃のこと。
幼い日々の傷を抱えつづけている人。
たいせつな人を亡くしてしまった人。
恋人から暴力を受けていた人。
笑いながら泣いているような人。
こころの奥にある、声に 言葉にならないような痛み、そしてやわらかい感情に触れ
させてくれる、近しい人たちのケアに用いていたもの。

年明けに父が亡くなり、葬儀の前日に家族で同じ部屋に宿泊した晩。
家族全員にアクセスバーズの施術を。
悲しみや疲労で眠れない日が続いていた家族たちが、「 きもちいい 」と呟いた後に
寝息をたてていく様子に、ひときわ染み入る想いがしました。


「 脳のデトックス 」と呼ばれる、アクセスバーズ。
体感・感想は人それぞれですが、わたし個人の体感としては、思考のノイズが静まる
印象があります。
「 これをしたい 」「 あれもしたい 」の狭間に横入りしてくる、【 だけど 】【 だっ
て 】【 でも 】たちが沈静化して、作業効率が上がったり、進みたい道が見えやすく
なったり。
施術を受けてくださった方々の中では、施術中に眠りに入る方が最も多く、
「 長期休暇をもらったようなリラックス感 」「 身体があたたかい 」「 指が触れる
ポイントが変化する度に、まぶたの裏に映る景色が変わる 」と話された方も。


すこやかさは、心身。こころと身体の連なり。
こころが病みゆくもの、身体に影響をもたらすのは、「 孤独 」と「 我慢 」が大きな
要因のように思います。
自分や周囲に「 だいじょうぶ 」と言い過ぎていませんか。
どうか心身がやわらぐ手段を見つけてほしいと願います。

アクセスバーズの体験会が、選択肢のひとつとなれたら嬉しいかぎりです。
ゆるやかな時間、お茶とおやつをご用意してます◎


2019.02.13 | | おしらせ

«  | HOME |  »

プロフィール

wasanbon

Author:wasanbon
「wasanbon」

仙台のアトリエ→北海道→島根。


足ることを知る。
在るものを生かす。
つながりを巡らす。

日常と非日常に備えた
暮らしの在り方を
探索してます。

■ twitter
http://twitter.com/#!/wasanbon1116

■ facebookページ
https://www.facebook.com/wasanb0n

月別アーカイブ

ブログ内検索