スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

fairway


20090905.jpg


父と母は、わたしに、命をくれた。
近しい方々は、おめでとうを届けてくれて、
わたしはわたしに、旅を贈る。

ひとり旅にふらりと出かける。
wasanbonが生まれる前、夏はそんな季節でした。



いつかの住処を探しているかと想っていたのに、
こころを置く場所の確認作業だったことに気づく。

旅が楽しいのは、帰りたいところがあるから。
そう知りえた時に、愛しい人たちの息づかいがある街に小さな空間を作りました。

何処にいても何処に行っても、
目にこころに映すのは、詰まるところ自分に内在する答なのだけど、
日常は非日常によって愛おしい。
非日常は日常のもとに輝かしい。
触れた記憶で、わたしが作られ、
わたしから零れ落ちるもので、wasanbonと名する空間が彩られてく。

揺れる紅色が、蓮の花から百日紅へ移り変わる、この季節はとてもすきでいて。
打ち合わせに重ねて、寄り道のような小さなひとり旅をしました。
彼の地から、
日々を見つめたり、
逢いたい人たちを想ったり、
無くしたようなきもちを拾ったりして、
旅の空気と、素敵な企画を連れて帰りました。


寒さの気配がたちそよぐ頃、
野菜とごはんが、おいしくやさしく染み渡る催しを行います。
詳細、また改めて。








2009.09.06 | | 小さな旅

«  | HOME |  »

プロフィール

wasanbon

Author:wasanbon
「wasanbon」

仙台のアトリエ→北海道へ。
畑と暮らし。

足ることを知る。
在るものを生かす。
つながりを巡らす。

日常と非日常に備えた
暮らしの在り方を
探索してます。

■ twitter
http://twitter.com/#!/wasanbon1116

■ facebookページ
https://www.facebook.com/wasanb0n

月別アーカイブ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。