スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

生活リスクアドバイザー・保険コンサルタント 尾崎里佳 さんに、きいてみる。


備えに対し、保険会社が提供している多数の保険プラン。
生活者と保険会社の間に立ち、1人1人のライフスタイルやご不安と相談しながら、
複雑な保険内容をやわらかくわかりやすいように咀嚼し、生活者の暮らしや想いに
添うよう、ご提案をされているのが、尾崎さんのお仕事。  

「 まずは、自分の現状を知ること。 」
自分を取り巻くリスクや危険を知ってこそ、身に纏う備え。選択する目線。


生活リスクアドバイザー・保険コンサルタント 尾崎 里佳 さんに、お話しを
お伺いしました。




Q: 尾崎さんは、日々どのようなことを手がけられていますか?

 - おもに、お客様へ日常のリスクをお伝えし、その方のライフスタイルに合った
  保険を一緒に考え、アドバイスしてます。


Q: 生活リスクアドバイザー・保険コンサルトとは、どのようなお仕事ですか?

 - 同じ人間がいないように、その人のリスクは十人十色。それに対して、ムダなく
  モレなくリスクに対しての、そなえを伝える仕事です。


Q: 現在のお仕事をはじめられたのは、どのような想いやきっかけからですか?

 - 人の役に立ちたいと思いはじめました。
  お客様が困ったときに手助けができる仕事だと思います。そんな時に少しでも
  ホッと安心してもらえるような対応を目指してます☆


Q: 震災後、お仕事や暮らしのことなどの中で、意識の変化はありましたか?

 - 正直、今まで経験した事のない、事故や対応量でした。
  しかし、震災の最中、沢山の方からの暖かい言葉に今まで以上に使命感を持ち
  仕事をして行くんだと言う強い気持ちとなりました。


Q: 尾崎さんの目線から、日々の暮らしに伝えたいことは、どんなことでしょう?

 - 人生一度っきり、楽しく過ごしている人生を万が一の事故が一瞬で真っ暗にして
  しまう事があります。
  まず、自分のみじかなキケンを知ることが重要だと思います。そのキケンを見つける
  手助けができればと思ってます。


Q: これから手がけていきたいことは、どんなことですか?

 - 一人でも多くの方へご自身のみじかなキケンを知っていただきたいです。
  知ることは解決を見つける近道だからです。その、知ることのお手伝いを沢山して
  いきたいですp(^_^)q





■ 4/19 (木)  暮らしの手習い 「 ゆくら室 」  第二学 

 現場の専門家の方が生活者目線で語る、お話し会。
 日々の暮らしに作用する情報を、お届けします。 
 
  株式会社ウィッシュ所属 
  生活リスクアドバイザー・保険コンサルタント  尾崎 里佳 さん

  自分には、どんな備えが必要?を知るために、
  「 まずは自分の暮らしの現状を知ること。 」
  暮らしの中に潜むリスクを拾い出し、今の生活やこれからのビジョンにあう備えを
  選んでいく目線を養うレッスンです。
 
  13:30-15:00 参加費¥500 (お茶つき) 


  お申し込み → コチラ。 
  または、fax 022-275-0203 から、お願いします。 



2012.04.10 | | ゆくら室

«  | HOME |  »

プロフィール

wasanbon

Author:wasanbon
「wasanbon」

仙台のアトリエ→北海道へ。
畑と暮らし。

足ることを知る。
在るものを生かす。
つながりを巡らす。

日常と非日常に備えた
暮らしの在り方を
探索してます。

■ twitter
http://twitter.com/#!/wasanbon1116

■ facebookページ
https://www.facebook.com/wasanb0n

月別アーカイブ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。