スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

三浦農園 さんに、きいてみる。



注ぐ陽の光を
たなびく風の色を
触れる土の声を
芽吹く作物の表情を
纏う世界を

育み 繋ぎ 伝う。

その、あたたかな手のひら
内在する想い


三浦農園 さんに、その想いをお伺いしてみました。




20120722foodmiura.jpg


Q: 三浦農園さんは、日々どのようなもの(こと)を手がけられていますか?

 - 宮城県名取市にある畑や田んぼで地域在来のものを中心にさまざまな農産物を
  つくりながら、地域環境生態系や放射能、、食べ物について気にかけたりしています。


Q: 表現のカタチを、現在のような活動にされたのは、どのような想いやきっかけからですか?
 
 - 有機JASも視野にはありますけれど、有機農業の栽培技術と思想哲学により生産
  された、農薬や化学的に合成された資材を投入しない畑や田んぼから生まれるさま
  ざまな生産物のめぐみ、風景、味わいの価値を直接学び合うようなことをしたくて、
  「なとり農と自然のがっこう」としてオープンファームなどグリーンツーリズムや、小学校
  総合学習田んぼのがっこう、障がいのある方の農業活動などをお手伝いしています。


Q: 震災後、「つくる」「食べる」ことに意識の変化はありましたか?

 - 昨年7月〜4月まで母子疎開を父として判断しましたし、大きく変化をし、更に悩みは
  深まり続けています。
  以前とあるブログにも書きましたが、「安心安全な食べ物」をつくる仕事としてはとっても
  大変な状況になりました。
  http://blogos.com/article/27056/
  おおまかには「状況を細かく適切に知る」「適切に対処する」「情報を公開し共有できる
  つながりをつくっていく」の繰り返しをしています。リスクコミュニケーションを重ね、その
  うえで生業として成立しなくなってしまうことの想定もしています。


Q: 「おいしい」って、どんなものでしょう?

 - 味覚的なものだけでなく、シアワセな食卓状況のことを思います。
  考え方は「五観の偈」です。
  http://ja.wikipedia.org/wiki/ 五観の偈
   といいながら、暴飲暴食不規則生活なのでお恥ずかしいかぎりでして。


Q: 最近、触れたおいしいものや情景があれば、教えてもらえますか?

 - つくり手さんのお顔や風景が思い浮かぶ食べ物に出会うたび、シアワセになります。


Q: 食べ手さんに届けたいこと、伝えたいことはどんなことでしょう?

 - 価格以外の価値観でしてみるお買い物はとっても楽しいものです。
  EDLP(えぶりでーろーぷらいす)も大事ですけれど、
  いま、ここでないと食べれないような限定素材も、
  たまには気にかけてくださいな。
  5年後10年後、作り手もつくれる環境も残っているかどうか、もうわかりませんので。


Q: 今後、手がけていきたいことは、どのようなことですか?

 - まずはダイエットと肝機能回復。
  そして、持続可能な懐かしい未来にむけての準備対応を静かにすすめていきます。
  放射能、エネルギー、インフラ、経済など多様な〆切をすぎた宿題がありますが、
  解決の為の智恵を集約させていきたいですね。






2012.07.17 | | 風土市

«  | HOME |  »

プロフィール

wasanbon

Author:wasanbon
「wasanbon」

仙台のアトリエ→北海道へ。
畑と暮らし。

足ることを知る。
在るものを生かす。
つながりを巡らす。

日常と非日常に備えた
暮らしの在り方を
探索してます。

■ twitter
http://twitter.com/#!/wasanbon1116

■ facebookページ
https://www.facebook.com/wasanb0n

月別アーカイブ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。