矢ノ目糀屋 さんに、きいてみる。



繋がれてきた暮らしの営みを受け留める
その手のひらは
育みに寄り添い
土地の美しさを紡ぐ

脈々と伝う
未来へと


山形県河北町で、麹を主体をしたおいしさ作りを手がける、矢ノ目糀屋 さんに
想いをお伺いしました。



201305foodyanome3.jpg


Q: 矢ノ目糀屋さんは、日々どのようなもの(こと)を手がけられていますか?

 - 先代より受け継いだ木製樽を用いて、天然醸造十五割糀味噌の仕込みや
  二種類の米糀(甘酒用と味噌等用)作り、糀の甘酒のもと作りや塩糀作りなど
  糀関連のいろいろな商品を、無添加・手作り・国産原料 (主に山形県産) を
  大切にして作っています。


Q: その手仕事をはじめられたのは、どのようなきっかけや想いからですか?

 - 地域に根ざした小さな糀屋の味噌の味を次の世代へ受け継ぎ守り育てたい
  との想いから。


Q: 当日はどのようなものをご出品のご予定ですか?

 - 甘酒のもと「甘露」その他糀関連製品


Q: 素材を選ぶ目線、そこにある想いを教えてもらえますか?

 - 自分の子供にも安心して食べさせることが出来る、素材そのものに納得の
  出来るもの。
  それも可能な限り、山形の顔の見える生産者さんから直接仕入れをしています。


Q: 「おいしい」って、どんなものでしょう?

 - 心が豊かに満たされる事。


Q: 最近、触れた、おいしいものや情景があれば、教えてもらえますか?

 - 山形の新鮮な野菜達


Q: 食べ手さんに伝えたいことは、どんなことでしょう?

 - 手作り、安心原料、無添加で日本の発酵食品を少量生産で作っています。


Q: これから手がけていきたいことは、どのようなことですか?

 - 糀や味噌を使った小さな糀屋カフェ



201305foodyanome2.jpg

201305foodyanome.jpg



2013.05.23 | | 風土市

«  | HOME |  »

プロフィール

wasanbon

Author:wasanbon
「wasanbon」

仙台のアトリエ→北海道へ。
畑と暮らし。

足ることを知る。
在るものを生かす。
つながりを巡らす。

日常と非日常に備えた
暮らしの在り方を
探索してます。

■ twitter
http://twitter.com/#!/wasanbon1116

■ facebookページ
https://www.facebook.com/wasanb0n

月別アーカイブ

ブログ内検索