台風を過ぎて。



台風の影響で、夜更けから約半日あまり停電。
圧倒的な自然の猛威を前に、祈るばかり。
あわせて、無力さを思い知る。震災の時のように。

震災時。電気・水道・ガス、すべてのライフラインが断絶。
そして、ライフライン喪失により、自分の生命線を委ねきってしまっていたという、気づきと恐怖。
電線1本。水道管、ガス管1本ばかりの支障で、自分の暮らしの足元は簡単に揺らぐ。
震災以降、わたしとwasanbonの中に「日常と非日常に備えた暮らしの在り方」というテーマが
あって、言わば「災害時などにライフラインと流通が断絶しても生き抜くスキル」を考えつづけて
ます。
現在の北海道の住まい・暮らしは、そうした意識のもとに組み立てていて、畑の方はまだまだ
ながらも、ライフライン断絶に対応できる基盤を構築中。

◎ 電気 → 10A+独立系ソーラーパネル100w。
仙台→北海道に引越時、かなりの電化製品を断捨離。
今は、炊飯器の代わりに、圧力鍋で炊飯。
電子レンジの代わりに、蒸し器。
室があるので、冷蔵庫は休業中。  

◎ 水 → 近隣の地域に湧き水。
長期保存水のペットボトルも含め1か月分ほど備蓄。

◎ ガス → 契約なし。薪+カセットコンロ。カセットボンベは常に備蓄。

今回、深夜の停電時、わが家では
・充電式ライト
・キャンドルランタン
・懐中電灯
・照明つきラジオ 
を用い、暗闇ながらも明かりと情報は確保できました。
充電式ライトの充電は途中で切れたけれど、「明日晴れたら、ソーラーで充電できる。」と
思える心強さ。

日常的に、エネルギーの利用を抑えること。
送電線・水道管・ガス管以外の選択肢を持つこと。
食べものを育むこと。
が、たいせつだと思います。
ゆくゆくは、敷地内に水源がある場所に住むことが目標。
学びと旅は、まだまだつづきます◎


20160830.jpg



2016.09.01 | | 日々色

«  | HOME |  »

プロフィール

wasanbon

Author:wasanbon
「wasanbon」

仙台のアトリエ→北海道へ。
畑と暮らし。

足ることを知る。
在るものを生かす。
つながりを巡らす。

日常と非日常に備えた
暮らしの在り方を
探索してます。

■ twitter
http://twitter.com/#!/wasanbon1116

■ facebookページ
https://www.facebook.com/wasanb0n

月別アーカイブ

ブログ内検索